講談社選書メチエ<br> 万年筆バイブル

個数:
電子版価格
¥1,595
  • 電書あり

講談社選書メチエ
万年筆バイブル

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年06月15日 23時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065153581
  • NDC分類 589.7
  • Cコード C0376

出版社内容情報

「書き味」の良さとは、どこから来るのものなのか。ペン芯が“万年筆の心臓”と言われる理由は。“万年筆の頭脳”ペン先の精度の違いは、どう表れるのか。インク粘度と表面張力が、万年筆に及ぼす影響、 各社ブランドの、傾向と特徴は……。歴史から、構造、ブランド考まで、万年筆のプロ集団が、徹底解明。メールでは味わえない、極上の「書く愉しみ」へあなたを誘う、「万年筆」知識と教養の書!


空前のインクブームをきっかけに、近年人気復活中の「万年筆」。
その小さな1本には、いろんな秘密が隠されている。
「書き味」の良さとは、どこから来るものか。
“万年筆の頭脳”ペン先の精度の違いは、どう表れるのか。
ペン芯が“万年筆の心臓”と言われる理由は。
インク粘度と表面張力が、万年筆に与える影響、
各社ブランドの、傾向と特徴は……。
メールでは味わえない、極上の「書く愉しみ」を教えてくれる、万年筆の世界。
そんな運命の一本に出会い、存分に使いこなすための、知識と教養の書!
第1章 「自分だけの1本」の選び方
第2章 インクと万年筆の正しい関係
第3章 万年筆の構造
第4章 より広く、深く知るための、万年筆世界地図
年譜 万年筆の200年史
ドキュメント パイロット工場見学ツアー 万年筆ができるまで

内容説明

毛細管現象を利用した切り割り、櫛溝、インク流れを左右する表面張力と粘度。小さな部品の数々が、科学の力で極上の書き味を生み出す。ペン先のしなりと筆圧が、その人の気持ちを、紙に伝えていく―。今、人気復活の万年筆。そのすべてを、文房具専門店「伊東屋」万年筆売り場のプロ集団が徹底解明。メールでは味わえない、「書く愉しみ」へとあなたを誘う!

目次

第1章 「自分だけの一本」の選び方
第2章 インクと万年筆の正しい関係
第3章 万年筆の仕組みと科学
第4章 より広く、深く知るための万年筆「世界地図」
ドキュメント パイロット工場見学ツアー―万年筆ができるまで
年譜 万年筆の200年史

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

128
2019/5/4 Amazon より届く。 2019/5/5〜6/9 有名文具店の伊東屋さんが書いた万年筆本。これまで色々関係本を読んできたが、初めて知った情報も沢山あって、面白かった。最近、万年筆がブームだというが、ブームで終わらず、しっかりと根付いて欲しい。もうちょっと名作万年筆の写真があったら良かったかな。2019/06/09

竹城 俊之介

78
「万年筆は恐るべき筆記具です」 ■万年筆は気が抜けません。その日その時の心の状態が文字に表れるのです。怒っている時には荒々しく、落ち着いた時には整った文字になります。 ■万年筆は面倒くさいです。日々使っていないとペンが詰まって使えなくなります。時々インクを入れ替えたり、メンテナンスしないといけません。道具と向き合う時間が必要です。 ■初めて万年筆を買う時、気恥ずかしさをこらえて、百貨店のお姉さんに持ち方・書き方を教えていただきました。それからずっと虜です。 「なんでこんなに魅力的なのか。ああ万年筆怖い!」2021/05/16

ももすけ

38
順番が逆で、先に万年筆✒️を入手。せめて、基本のきは学んで置こうと読みました。初めての万年筆選びから、万年筆の機構、インクなど知ってた方が良い知識も満載。ボールペンよりは、少し手をかけてあげないとダメなので、知ってて損は無い内容でした。幸運なことに、職場近くには古くからの万年筆専門店もありそうです。曾祖父ちゃんや、おじいちゃんが勤めていたエリアなので、「万年筆持ってたんやろか」等、想像すると嬉しくなります。2021/09/28

あらた

34
万年筆を日常的に使いはじめ二本目を考えはじめた時に手に取ったこの本。万年筆のことがよくわかることはもちろん筆者たちの万年筆に対する愛が伝わってくるとても良い本でした。2023/12/28

しん

31
著者名の伊東道風というのは、架空の人物。実際は、伊東屋さんの万年筆に関わるメンバーが書いた本。万年筆の選び方やインクと万年筆の関係、万年筆の構造や仕組み、世界の万年筆メーカーの紹介、年表など。このように万年筆に関してまとまっている本を読んだのは、初めてなので、とても勉強になった。使うことが一番のメンテナンスということを考えると、僕が持っている万年筆は多過ぎると実感しました。2019/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13608349
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。