講談社文庫<br> やがて海へと届く

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
やがて海へと届く

  • 彩瀬 まる【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 講談社(2019/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月13日 06時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065145289
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

すみれが消息を絶ったあの日から三年。真奈の働くホテルのダイニングバーに現れた、親友のかつての恋人、遠野敦。彼はすみれと住んでいた部屋を引き払い、彼女の荷物を処分しようと思う、と言い出す。親友を亡き人として扱う遠野を許せず反発する真奈は、どれだけ時が経っても自分だけは暗い死の淵を彷徨う彼女と繋がっていたいと、悼み悲しみ続けるが――。

内容説明

一人旅の途中ですみれが消息を絶ったあの震災から三年。今もなお親友の不在を受け入れられない真奈は、すみれのかつての恋人、遠野敦が切り出す「形見分けをしたい」という申し出に反感を覚える。親友を亡き人として扱う彼を許せず、どれだけ時が経っても自分だけは彼女と繋がっていたいと悼み続けるが―。

著者等紹介

彩瀬まる[アヤセマル]
1986年生まれ。2010年『花に眩む』で第9回「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補、『くちなし』(文藝春秋)で第158回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

173
感動した! この本は東日本大震災で亡くなったであろう友人を4年間頭から離れられてない主人公の物語である。この本は奇数と偶数の章で主人公が違う。奇数の方は先ほど言った離れられない主人公である。偶数は誰だかわからない人が主人公である。前に向いて生きることがこんなにも大変なのが分かる。しかも私と同年代の時友人を亡くしてしまったら私もこうなるだろうと思った。この本を読み終わったら何故かいきものがかりさんの『ラストシーン』が頭に流れた。とてもこの本に合っている気がした!2019/12/26

美紀ちゃん

150
震災な事を忘れない風化させないってみんな言うけど、もし自分が死んで、友達に「あんな死に方をしたかわいそうな子」って意味で忘れないみたいな、暗いことを拾い集めるような思われ方より、どうせなら一緒にいて楽しかったと思ってほしい。 別れて寂しいし、新しい友達もできてだんだん思い出さなくなるし、でも元気でやってるといいと時々思う。 二度と会えなくても、遠くにいても、友達のままでいたい。 職場の同僚や、カフェで偶然あった高校生の女の子達と話すうちに心が整理されていく様子が良かった。 ラストには光がさす。2022/07/31

rico

134
あの日、行方不明になった親友のすみれ。受け止め切れない真奈。唐突に断ち切られた大切な人とのつながり。3月11日、そんな別れがどれほどたくさんあったのだろう。それでも、残った者は生きていかなければならないし、別れの言葉を交わす暇もなく旅立った者たちの魂が、安らかなることを祈ることしかできない。 すみれは歩くことが好きだった。真奈も一緒に歩いた。速くはない。でも、ここではない次の場所に行くための確かな一歩。鎮魂と希望。襲いかかる津波から逃れ、生きのびた彩瀬さんだから書けた物語だと思う。祈り、そして未来へ。2019/03/14

chiru

122
思い出の中で立ち止まり、進めずにいる心をゆっくり溶かしていく喪失と再生の物語。3.11 という特別な1日が巡るたび、無意識に剥がしてしまう瘡蓋みたいな「心の傷」。どんなに時が過ぎても、喪失は他の何かでは埋まらない。『忘れる』という罪悪感。出口のない哀しみ。生きていても死んでしまっても、必ずたどり着く場所。わたしもいつかそこに向かう。そう悟ると心に落ち着きが生まれた。文字で綴る言葉が小説に息を吹き込み、喪失の苦しみに寄り添ってくれる。津波から逃れ生きのびた彩瀬さんだから書けた物語。祈り、そして未来へ。★42022/03/19

masa

111
どうして生き残ってしまったのか。どうしてあの子が失われてしまったのか。逆なら良かったのに。そもそも誰にも生きる意味なんてないだとか、そんなことば虚しくて。生きてくださいと願うことでは理由にならないことが悔しくて。情報は不安にさせるばかりで、救いにはならなかった。あの子のことばは検索できなかった。世界中が大袈裟に哀しみ続けて、機能停止して欲しいのに。地球が回ることが赦せなくて、忘れないように躊躇い傷を何度もなぞってる。ねえ、それでもいつか。いつか君も誰かを再び好きになる日が来ても、何も恐れなくていいんだよ。2020/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13479758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。