講談社文芸文庫<br> ラフォルグ抄

個数:
電子版価格 ¥2,189
  • 電書あり

講談社文芸文庫
ラフォルグ抄

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 06時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784065140383
  • NDC分類 953
  • Cコード C0198

出版社内容情報

『ヨオロッパの世紀末』にも連なる訳業。若き吉田健一が魂を震わせた、19世紀末フランスの夭折詩人による「近代の絶唱」。19世紀末フランスの夭折詩人ラフォルグ。象徴派が勃興する中、近代の倦怠を知的な抒情とした天才が遺した散文集『伝説的な道徳劇』は、若き日をヨーロッパで過ごした吉田健一にとって「前世か何かで自分が書いたことをそれまで忘れていた感じだった」と語らしめ、耽読して止まなかった魂の邂逅の書であった。同じく遺作の詩集『最後の詩』と共に吉田の名訳で贈る。





吉田 健一[ヨシダ ケンイチ]
翻訳

ラフォルグ[ラフォルグ]
著・文・その他

内容説明

十九世紀末フランスの夭折詩人ラフォルグ。象徴派が勃興する中、近代の倦怠を知的な抒情とした天才が遺した散文集『伝説的な道徳劇』は、若き日をヨーロッパで過ごした吉田健一にとって「前世か何かで自分が書いたことをそれまで忘れていた感じだった」と語らしめ、耽読して止まなかった魂の邂逅の書であった。同じく遺作の詩集『最後の詩』と共に名訳で贈る。

目次

最後の詩(冬が来る;三つの角笛の事件;日曜日;日曜日;嘆願;簡単な臨終;月の独奏;伝説;或る亡くなった女に)
伝説的な道徳劇(ハムレット;薔薇の奇蹟;パルシファルの子、ロオヘングリン;サロメ;パンとシリンクス;ペルセウスとアンドロメダ)

著者等紹介

ラフォルグ[ラフォルグ] [Laforgue,Jules]
1860・8・16~1887・8・20。フランスの詩人、象徴派に属し、自由詩の創始者のひとり。1876年からパリに暮らし、ブールジェら文学者と交流。81年からドイツで皇后の侍講を務める。85年、第一詩集『嘆きぶし』で注目され、同年『我が月の聖母に倣いて』を刊行。86年創刊の雑誌「ラ・ヴォーグ」などに詩や散文を発表。同年パリに戻る。翌87年、結核のため27歳で逝去。若き日のT・S・エリオットやエズラ・パウンドなどに影響を与えた

吉田健一[ヨシダケンイチ]
1912・3・27~1977・8・3。批評家・作家。東京都生まれ。ケンブリッジ大学中退。外交官の父吉田茂(後の首相)の任地に従って中国、フランス、イギリスで育つ。1931年、大学を退学して帰国。ポーやヴァレリーの翻訳から文学活動を開始し、39年、中村光夫らと同人誌「批評」を創刊。戦後は翻訳、評論、随筆と一挙に幅広い活動を始め、言葉による表現の重要性を唱えた。主な評論に『英国の文学』、小説に『瓦礫の中』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みあ

103
再読。夭折したフランスの詩人ラフォルグの詩集と散文集を吉田健一が訳したもの。退廃的な優雅さと甘美な気だるさに心が揺さぶられる。シェイクスピアやギリシャ神話を規範としてラフォルグ風に解題したものであり、知的な遊戯にも似ている。言葉の美しさを最大限に生かした文体は陶酔すら惹き起こし、白昼夢を見ているかのように深い愁いをも感じさせる。吉田の訳文そのものの格調の高さが一層艶麗な堕落を感じさせ、ラフォルグの魂の深みにまで連れて行ってくれる。古い文体だからこそ守られる高貴さもあり、吉田文学の集大成とも言えるだろう。2021/05/11

みあ

103
19世紀末のフランスの夭折詩人ラフォルグの作品を吉田健一が翻訳したもの。華麗でかつ退廃的であり、知的で倦怠感溢れる戯れ心に満ちている。「最後の詩」や「ハムレット」、「サロメ」や「ペルセウスとアンドロメダ」など‥‥。神話や戯曲を優雅で甘美なもう1つの世紀末にふさわしい気だるい官能に彩られた抒情的な物語に改変している。私達の前に差し出された散文はエロスとタナトスに引き裂かれ、まるでクリムトの絵を言葉で表現したようである。そして吉田健一の訳がまた気品があり、私の魂に直接訴えかけてくる。2019/03/20

刳森伸一

4
遺作となった「最後の詩」と散文集「伝説的道徳劇」を所収。甘美な雰囲気を漂わせる詩文には独特な美が宿っている。やや感傷的な気もしなくはないが、一読の価値はある。 2019/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13355028

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。