講談社まんが学術文庫<br> 人口論

個数:
電子版価格 ¥756
  • 電書あり

講談社まんが学術文庫
人口論

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年08月19日 14時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065133439
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0193

内容説明

食糧不足による人類の貧困は必然か。果たして克服できる困難なのか―。飢餓による人類の危機を唱える経済学者。食糧の不足を食材の新しい調理法で克服しようとする料理人。看護を科学的に分析し、以前なら落としていたはずの人命を救う看護師。“命”に向き合う三者三様のあり方。そうして貧しいがゆえに強く生きる一人の少年。さまざまなドラマを通して、名著『人口論』の真髄をわかりやすくまんが化。そして今回の主人公は…ネズミだチュー!

目次

第1章 マルサス先生「人口の原理」
第2章 孤児オリバー「救貧院」
第3章 料理人ソワイエ「人口の妨げ」
第4章 クリミアの天使「必要は発明の母」

著者等紹介

マルサス,トマス=ロバート[マルサス,トマスロバート] [Malthus,Thomas Robert]
1766年‐1834年。イギリスの経済学者。過少消費説、有効需要論を唱えた。古典派経済学を代表する経済学者で、後のケインズなどに大きな影響を与えた。食糧の増加は人口の増加に追いつけないため、人類の貧困は必然であるという趣旨の『人口論』を著した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

食料不足による人類の貧困は必然か。果たして克服できる困難なのかーーー。名著「人口論」の真髄をわかりやすくまんが化!食料不足による人類の貧困は必然か。果たして克服できる困難なのかーーー。
飢餓による人類の危機を唱える経済学者。食料の不足を食材の新しい調理法で克服しようとする料理人。看護を科学的に分析し、以前なら落としていたはずの人命を救う看護師。”命”に向き合う三者三様のあり方。そうして貧しいがゆえに強く生きる一人の少年。さまざまなドラマを通して、名著「人口論」の真髄をわかりやすくまんが化。そして今回の主人公は。。。ネズミだチュー!

第一章 マルサス先生「人口の原理」
第二章 孤児オリバー「救貧院」
第三章 料理人ソワイエ「人口の妨げ」
第四章 クリミアの天使「必要は発明の母」


食料不足による人類の貧困は必然か。果たして克服できる困難なのかーーー。飢餓による人類の危機を唱える経済学者。食料の不足を食材の新しい調理法で克服しようとする料理人。看護を科学的に分析し、以前なら落としていたはずの人命を救う看護師。”命”に向き合う三者三様のあり方。そうして貧しいがゆえに強く生きる一人の少年。さまざまなドラマを通して、名著「人口論」の真髄をわかりやすくまんが化。

マルサス[マルサス]
原著

Team バンミカス[チーム バンミカス]
著・文・その他