流砂

個数:
電子版価格 ¥1,705
  • 電書あり

流砂

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 02時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784065133095
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

70代の息子と90代の父親。老いた息子は思想検事だった父の記した奇妙な報告書を見つけた。息子は父の過去にあえて向き合い、己の来し方の輪郭を確かめようとしはじめる…老いと記憶をめぐる小説の冒険。

著者等紹介

黒井千次[クロイセンジ]
1932年、東京生まれ。東京大学卒業。富士重工業に勤務し、企業内の人間を描いた「時間」で1970年に芸術選奨新人賞を受け、作家生活に入る。1984年に「群棲」で谷崎潤一郎賞、1995年には「カーテンコール」で読売文学賞を受賞。2000年に日本芸術院賞。同年芸術院会員。2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞受賞。2002年日本文芸家協会理事長。2006年『一日 夢の柵』で野間文芸賞受賞。現代人の内面を精緻に描き、「内向の世代」の作家といわれる。2014年日本芸術院長。同年文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

隣に住む父の書斎から出てきた古い書類。それは戦前思想検事だった父が、「思想犯の保護を巡って」自己の所信を記した報告書だった父は何者だったのか?

70代の息子と90代の父親。老いた息子は父の記した奇妙な報告書を見つけた。
それは戦前、思想検事だった父親が、「思想犯の保護を巡って」自己の所信を開陳した報告書だった。
息子は父の過去にあえて向き合い、己の来し方の輪郭を確かめようとしはじめる……。

老いと記憶を巡る小説の冒険。自伝的長編小説。

黒井 千次[クロイ センジ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件