講談社現代新書<br> ヘーゲルを越えるヘーゲル

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

講談社現代新書
ヘーゲルを越えるヘーゲル

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065130759
  • NDC分類 134.4
  • Cコード C0210

出版社内容情報

序 ヘーゲルの何が重要なのか?
多文化主義の旗手、またラカン派精神分析を資本主義批判に応用する思想家など、ヘーゲル研究を出発点とし、ヘーゲル研究に拘る哲学者は少なくない。
現代思想でヘーゲルはなぜ重要であり続けるのかを、アクチュアルな議論の状況に即して考える。
第一章 「歴史の終わり」と「人間」
ヘーゲルの歴史哲学は、マルクスをはじめその後の社会思想を決定づけたその要因を探る。
第二章 「主」と「僕」の弁証法
高著『精神現象学』の有名な「主」と「僕」の弁証法の論理を再確認する。
第三章 承認論と共同体
初期ヘーゲルの「承認論」の意味を考える。ハーバマスとの比較も読ませる内容である。
第四章 「歴史」を見る視点
再度マルクスに立ち返りヘーゲルの「歴史」を総合的に検討する。ベンヤミンとの論争やアーレントとの関連性なども視野に入れる。

仲正 昌樹[ナカマサ マサキ]
著・文・その他

内容説明

フーコー、ジジェク、ラカン、アドルノなど…。後世の思想家にヘーゲルはどのように読まれたか。

目次

序―ヘーゲルの何が重要なのか?
第1章 「歴史の終わり」と「人間」
第2章 「主」と「僕」の弁証法
第3章 承認論と共同体
第4章 「歴史」を見る視点
あとがきに代えて―「理由」が喪失する時

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年広島県に生まれる。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。文学や政治、法、歴史などの領域で、幅広い言論活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おもむけ

20
アドルノ(というか、やっぱスピノザ)おもしれ~。彼らだけでなく、すぐれた哲学者の仕事は世界を面白くしちゃうね。当の本人は面白くなさそうだけど。2021/08/13

さえきかずひこ

15
本書はヘーゲルの入門書ではなく、現代の哲学など(分析哲学、フランクフルト学派、ラカン派精神分析、ジェンダー論、ポストコロニアル研究ほか)においてヘーゲルのそれがいかに批判的に論じられているかを幅広くかつ掘り下げて論述している。ヘーゲルそのものの著作では主に『精神現象学』次いで『法哲学要綱』を参照することが多いので、読み進めるにはこの二書についての基本的な理解が必要だろう。また、前述した現代の哲学などについても知らないとかなりハイコンテクストな展開についていくのが困難だと思う。現代的な新書ではないので注意!2018/11/27

またの名

11
後世の思想家がヘーゲルから受けた影響を新書にしては硬派に要約して仲正節を抑え気味かと思ったら、最後にちゃんと業界からネット界隈まで罵倒してた。マルクスはもちろんヘーゲルから文章と書き手の表情や声色や身振りとのズレという非同一性の哲学的意味を学んだアドルノ、絶対知とは究極のゴールになる対象はないという発見についての知だと解釈したジジェク、テイラーやバトラーに加え、ハイチ革命との関連を論じたスーザン・バック=モースら近年の議論が目白押し。個々をもっと丁寧に取り上げても良かった感じなので、予告された続きに期待。2018/12/19

kkkともろー

4
現代哲学者や思想家から見たヘーゲル。意外な人物が実は近いことがわかって面白い。 あとがきの金沢大への批判は過激!2019/09/13

k.ichihara

4
近現代の思想家が、どのようにヘーゲルと関連付けられるかを試みた本。それぞれの思想家の立ち位置をある程度しらないと読みこなせない。マルクス、ジジェク、コジェーブなど、ヘーゲルに直接言及し解釈を試みている思想家との関連は分かりやすく面白い。ラカンやデリダなどになると相当難解だし、ハーバーマスやローティもこちらの整理が追いついていないことからそれぞれの違いを理解するのに苦労した。2019/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13162020

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。