講談社選書メチエ<br> 機械カニバリズム―人間なきあとの人類学へ

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

講談社選書メチエ
機械カニバリズム―人間なきあとの人類学へ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065130254
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0310

出版社内容情報

私たちは機械を愛し、恐れている。だが問題の核心は「人間の変容」だった! AI将棋とSNSと人類学で縦横に展開する鮮烈な思考!「シンギュラリティ」「IoTで豊かな未来」「鉄腕アトム」「ターミネーター」……私たちは、機械を愛し、憎んでいる。では機械のほうから「私たち」を見たらどうなる? テクノロジーと深く結びつく人間は、あらたな存在に生まれ変わっているのかもしれない。
人類学者カストロは、アマゾンにおける食人=カニバリズムを、「他者の視点から自らを捉え、自己を他者としてつくりあげるための営為」として描き出した。「機械カニバリズム」は、テクノロジーによって私たちが変容ゆくことを捉える試みである。将棋ソフトによってプロ棋士と将棋が、SNSによってコミュニケーションと社会が、いままさに変容しているなか、「人間」観そのものが刷新されていくべきなのだ。気鋭の人類学者が、「現在のなかにある未来」を探る、痛快かつ真摯な思考!

川上量生氏コメント――
 わたしたちはAIが人間の能力を凌駕しつつある歴史的過程の中にいます。AIと人間とどちらが優れているのか、そういう問いが日常的に飛び交う世の中で過ごすのも、この時代に生を受けた運命としてはやむを得ないことでしょう。
  しかしながら実際にはこの問いは、そもそも正しくなかったことが明らかになってきました。いったい「優れている」とはなにか? AIとはなにか? そしてなによりも人間とはなにか? という、より大きな疑問が頭をもたげてきたからです。人間とはそもそも優れているのか、機械とは、そしてAIとはなにが違うというのか。そして真実が明るみになったときに、人類ははたして結果を受け入れることができるのでしょうか。
  いささか大袈裟ではありますが、人間社会がAIの時代を受け入れるための礎石にならん、という決意で始めた将棋電王戦を、本書はAI時代における社会的な役割から解き明かしてくれました。また、より大きな視点で、ニコニコ動画を含めたネット社会についても、人間と技術の関わりから、どう捉えるべきかを示してくれています。
  こういう議論はまだまだ始まったばかりで、21世紀の人類の最大の哲学的テーマであると思う次第です。

【本書の内容】
現在のなかの未来
ソフトという他者
探索から評価へ
知性と情動
強さとは何か
記号の離床
監視からモニタリングへ
生きている機械

第一章 現在のなかの未来
第二章 ソフトという他者
第三章 探索から評価へ
第四章 知性と情動
第五章 強さとは何か
第六章 記号の離床
第七章 監視からモニタリングへ
第八章 生きている機械


久保 明教[クボ アキノリ]
著・文・その他

内容説明

銃、蒸気機関、計算機革命、そして人工知能へ―機械は、希望なのか?敵なのか?単なる道具なのか?「他者の視点から自己を捉え、自己を変化させていく営為」=カニバリズムという視点から、AIと将棋、SNSと相互モニタリングなどに光を当て、テクノロジーvs.人間という対立を超えた、新たな人類学を構想する。「私たちはいかなる存在であり、いかなる存在でありうるか」を問う、気鋭の人類学者による痛快かつ真摯な思考!

目次

第1章 現在のなかの未来
第2章 ソフトという他者
第3章 探索から評価へ
第4章 知性と情動
第5章 強さとは何か
第6章 記号の離床
第7章 監視からモニタリングへ
第8章 生きている機械

著者等紹介

久保明教[クボアキノリ]
1978年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科単位取得退学。博士(人間科学)。現在、一橋大学大学院社会学研究科准教授。科学技術と社会の関係について社会/文化人類学の観点から研究を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

翔亀

36
【人新世11】これはもしかしたらすごい本かもしれない。カニバリズムとは食人のこと。機械が人を食べるのだ。端的にはAIが人を食べる=影響を与えることによって、人間が変わる=人間でなくなる。近年の(存在論的転回後の)文化人類学が非近代社会で見出したカニバリズムとは、他者を食べることにより自己を他者としてつくりあげること。これをAIと人間の関係に適用する。人間の知能を超えたAIの出現により人間はどうなるのか。ニック・ボストロム【人新世8】は人類滅亡と答え、それを防ぐためにAIコントロールの研究に着手せよと↓2021/01/14

Tenouji

15
不確実性が全くない世界で、「私」は存在可能なのだろうか…『人となりては童のことを捨てたり』。AI以降、人は人のことを捨てることになるのか…梅田氏『ウェブ進化論』の将棋の革新の話しは、感動して読んだ記憶がある。その後のAI将棋の展開について考察が、本書は秀逸。人間とAIの共進化を感じさせる、一方で、SNSにみる再帰的自己の不安定性は、私の固有性を溶解させていく。そう、これは、あの『ゴースト』の考察である。2020/03/01

kenitirokikuti

10
最近流行りのヴィヴェイロス・デ・カストロの存在論的転回をヒトとAIでやってみようという内容。半分くらい将棋の電王戦を扱っていて分かりやすい。もう半分は朝井リョウ『何者』の読み解き。著者も将棋アマ初段ぐらいだそうです。2018/10/06

こもも

6
機械と人間について、人類学者の視点で書かれた良書。カニバリズム=「他者の視点から自己を捉え、自己を変化させていく営為」ソフトウェアである「AI」や「人工知能」に対し、人間は比較する主体でありながら、自らを比較の対象にもしている。このような比較の在り方を可塑的な比較と呼ぶ。可塑性には、特定の姿かたちを与える能力と異なる姿かたちを受け取る能力がある。私たちは自律的なテクノロジーに操られているわけじゃなく、自律的な私たちがテクノロジーを操っているわけでもない。むしろ、私たちはテクノロジーへと生成している。2021/02/07

kentaro mori

4
とても面白かった。ANTも理解しやすく、人称の問題は郡司ペギオ幸夫ともつながる。機械でも人間でもない生を生きる。2021/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13034384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。