わくわくライブラリー おなべの妖精一家 2<br> ワロンカフェ、本日開店です!―おなべの妖精一家〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

わくわくライブラリー おなべの妖精一家 2
ワロンカフェ、本日開店です!―おなべの妖精一家〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月23日 06時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 95p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784065127940
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

シングルマザーで料理研究家のママと小4のはるかは、オバケ屋敷とうわさの古い洋館に越してきた。そこにいたのはオバケではなく、鍋にやどる妖精の一族、ワロンの一家!ワロンのおいしい魔法のお料理は、人間たちの心をみるみるステキに変えていく…。はるかのアイデアでテラスでカフェを開店することになり、はるかは魔法のレシピを探しにワロンの国へ!

著者等紹介

福田隆浩[フクダタカヒロ]
1963年生まれ。兵庫教育大学大学院修了。長崎県の特別支援学校勤務。『熱風』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞。『ひみつ』(講談社)が第50回野間児童文芸賞最終候補作に選ばれる。『ふたり』(講談社)が全国読書感想文コンクール課題図書に、『幽霊魚』(講談社)が全国感想画コンクール課題図書に選ばれる

サトウユカ[サトウユカ]
東京デザイナー学院グラフィックデザイン科イラストレーション専攻卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

料理家のママと小四のはるかはオバケ屋敷と噂される古い洋館で鍋の妖精ワロン一家と同居中!おうちのテラスでカフェを開店することに近所の人たちから「オバケ屋敷」と噂される古めかしい洋館に、ホイップクリームみたいな髪をした小4の女の子、はるかと、料理研究家のママが引っ越してきました。なんとそこに住んでいたのは、オバケ、ではなく、鍋の妖精“ワロン”の一家。二人はワロンたちと仲良くなり、洋館でにぎやかに楽しくくらすようになりました。ワロンのお料理の不思議な魔力は、人間達の心をみるみる素敵に変えていく・・・。はるかのアイデアで、おうちのテラスでカフェの開店が決まり、はるかがワロン国へ秘伝のレシピを探しにいくことに。楽しくて美味しくて、ほろっと優しい物語。『ふたり』の福田隆浩氏、初の中学年童話シリーズ!



福田 隆浩[フクダ タカヒロ]
著・文・その他

サトウ ユカ[サトウ ユカ]
イラスト