講談社+α新書<br> 本社は田舎に限る

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

講談社+α新書
本社は田舎に限る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065127797
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0236

内容説明

個人も企業も、過疎地にこそ、大きなチャンスが眠っている。東京では、募集しても人がまったく集まらない。どん底のITベンチャー企業社長が取った逆転の策、それが徳島県美波町へのオフィス移転。そこからすべてが大きく回り始めた。

目次

第1章 ベンチャー企業社長は悩みだらけ(イケてない中小企業の社長;出ていくしか選択肢がない ほか)
第2章 半X半ITという働き方(女性が働きたくないオフィスはダメ;自然とボスになるはずなのに ほか)
第3章 「つとめ」が人を再生させる(どこで働いてもかまわない;本社を美波町に移す ほか)
第4章 「にぎやかな過疎」の町(変化の先頭に立つだけだ;古銭湯をお洒落に改修した理由 ほか)
第5章 奪い合わない地方創生(転入者が転出者を上回った;これなら真似できそうだ ほか)

著者等紹介

吉田基晴[ヨシダモトハル]
サイファー・テック株式会社代表取締役。株式会社あわえ代表取締役。1971年徳島県海部郡美波町生まれ。神戸市外国語大学卒業後、複数のITベンチャー企業勤務を経て、2003年セキュリティソフトの開発販売を手がけるサイファー・テック株式会社設立に参画し、後に代表取締役就任。新たなワークスタイルの実現と採用力の強化を目的に、2012年徳島県美波町にサテライトオフィス「美波Lab」を開設し、翌年には本社も移転。2013年6月に株式会社あわえを設立、同代表取締役就任。自らの体験を活かし、行政や地域住民と共に企業誘致・起業促進や定住支援をはじめとした地域振興事業に取り組む中で、2016年より美波町参与を拝命。2018年からは県南部1市4町からなる徳島南部地域DMO副代表理事もつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

逆転の発想で過疎地へオフィス移転。するとすべてが回り出した。いま行政も企業も大注目のIT企業社長が実践する新しい仕事と生活。いま、日本中が大注目! 「にぎやかな過疎地」づくり実践中の著者による新しい仕事と生活。

東京で立ち上げたITベンチャー企業。リーマンショックを乗り越えてようやく赤字を脱出。
しかし弱小企業の悲しさでいくら募集しても人が集まらない。
そこでとった窮余の策が徳島県美波町へのオフィス移転だった。

「昼休みにサーフィンができる会社」
「半IT半○○」(○○には自分の趣味を)を謳い文句に募集したところ、
大都市圏の若者から応募殺到。一挙に募集問題は解決。

と、話はここで終わらない。
実際にオフィスを移転してみると、いままで見えてなかったものが見えてきた。
会社の仕事だけではない、社員一人ひとりに期待される地域での役割、
限界ギリギリの過疎地ならではのさまざまな課題とIT企業ならではの課題解決方法。

田舎がのんびりしているなんてとんでもない。
田舎のほうがやることはいっぱいある。人がいないだけだ。

「半IT半○○」の生き方から「マルチX」の生き方、
都会と田舎のいいとこどりの「デュアルライフ」という生き方、働き方。

気がつくと、だんだんとさまざまな人が集まってきた。
人口減少は仕方ない。でもなんかいつもガヤガヤして楽しい。

「にぎやかな過疎」。
もしかすると、ここが課題先進国日本の最先端かもしれない。



吉田 基晴[ヨシダ モトハル]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件