講談社文庫<br> 失踪者

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

講談社文庫
失踪者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月22日 06時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 392p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065127773
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ありえない。10年前、あいつは死んだはずだった――。極寒の氷雪峰に置き去りにされた友の謎をめぐる、感涙必死の山岳ミステリー!ありえない、そんなはずはない。
10年前、あいつは死んだはずだった――

極寒の氷雪峰に置き去りにされ、
“時”とともに氷漬けになったはずの友。
しかし、対面した遺体は明らかに歳をとっていた……


2016年、ペルーはブランカ山群。山岳カメラマンの真山道弘は単身シウラ・グランデ峰を登っていた。10年前、クレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口友一を迎えにきたのだ。ずいぶん待たせて悪かったな――クレバスの底に降り立ち、樋口を見つけ出した真山だったが、遺体の顔を覆う氷雪を落として驚愕する。極寒のクレバスに閉じ込められた遺体は、歳を取ることなく凍りついてしまうはず。しかし、樋口の顔は明らかに10年前より老いていたのだ。なぜだ、ありえない。まさか、樋口はあの時生還していたのか?ならばなぜ連絡をよこさなかった?そしてなぜ同じ場所で命を落としている?樋口、お前は一体何をしていたんだ?

親友が過ごした、謎に包まれし“歳月”。
真相にたどり着いたとき、あなたはきっと胸を熱くする。

注目の乱歩賞作家が仕掛ける、哀しき罪と罰。
『生還者』につぐ感涙必至の山岳ミステリー!

下村 敦史[シモムラ アツシ]
著・文・その他

内容説明

十年前の転落事故でクレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口を迎えに、シウラ・グランデ峰を登る真山道弘。しかし、氷河の底の遺体を見て絶句する。氷漬けになっているはずの樋口は年老いていたのだ!親友に何があったのか。真山は樋口の過去を追う。秘められた友の思いが胸を打つ傑作山岳ミステリー。

著者等紹介

下村敦史[シモムラアツシ]
1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。同作は「週刊文春ミステリーベスト10 2014年」国内部門2位、「このミステリーがすごい!2015年版」国内編3位と高い評価を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

292
『生還者』に続き大切な読友さんからのご紹介。今度の謎は『死体が死亡時よりも明らかに年を取っていた』という信じられない事実!10年前に親友と挑んだ山岳氷壁、不運でクレバスに落ち遭難した友を置去り、下山を余儀なくされる。激寒と低酸素、もはや人類の生存不可能な地球最高峰レベルの山では瞬時の判断が生死を分ける。時を経て友の遺体を回収に向かった!友の遺体が明らかに年を取っている?山に魅せられ征服への挑戦に命を掛ける男達の感動山岳ミステリー。謎は見事に溶け美しい友情が残る。エピローグで辿り着く真実は実に切ない‼️🙇2019/12/07

じいじ

101
事故なのか?殺しなのか?昂奮しながら読んだ『生還者』につづく下村敦史の長編山岳ミステリーの第二弾。10年前にクレパスで滑落死したはずの親友が、その直後5年間も生存していたことが…。何故?どうやって!謎だ。ヤツは、同じクレパスで二度死んだことになる。—もう、これ以上書けません。山男たちの熱い友情で結ばれた人間ドラマは、手に汗する読み応えです。2018/10/31

chantal(シャンタール)

86
どこまでも続く白銀の世界、目に染みるような青い空、天にまで届くかと思われる氷壁、身を切るような冷たい突風・・想像する事しか出来ない8千M級の山の景色が目の前に見えるかのような作品。ザイル一本で繋がる友情、それは生死をも超える絶対の信頼。10年前にクレパスへ転落した相棒樋口の遺体を探しに再度シウラ峰へ入った真山が探し当てた樋口の遺体は何故か数年分年老いていた、と言うミステリーなのだが、話も面白く山の景色を想像するだけで楽しく一気読み。自分も高山に登頂したような気分が味わえる。山と友情、山岳小説は面白い!2021/01/30

アッシュ姉

86
著者五冊目。同じ山岳小説でもミステリとして読ませる『生還者』から趣を変えて、山に魅せられた男たちの矜持と絆を描いた熱い物語となっている。登山の知識もないし興味もさほどないのに、ぐいぐい惹きつけられて、ぐんぐん読めちゃう。雪山なんて経験ないのに情景が浮かんでくる下村マジック。映像化しても見ごたえがありそうだが、キャスティングや制作費を考えると難しいか。それよりも山岳小説第三弾が出ることに期待したい。2019/11/27

★Masako★今月もゆるゆる読書📖

83
★★★★ 祭り本3冊目は下村さんの山岳ミステリ第二弾♪「生還者」同様こちらも素晴らしかった!十年前に南米アンデスのシウラ・グランデ峰で転落死した樋口。親友だった間山は、氷河の底で樋口の遺体を発見し驚愕する。遺体は歳をとっていたのだ。樋口は一度生還し、そしてまた同じ場所で死んだ!? 現在と過去を交互に描かきながらその謎にせまる。今回は標高8000メートル級の山が多く出てくると共に登山の過酷さが臨場感たっぷりに描かれている。謎が明かされる後半はもう一気読み!樋口の決断、山男の友情に胸が締め付けられ、涙が…。2019/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13049403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。