講談社青い鳥文庫<br> 若おかみは小学生!―映画ノベライズ

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
若おかみは小学生!―映画ノベライズ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月17日 20時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065127087
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

小学校6年生のおっこ(関織子)が、祖母の温泉旅館で若おかみとして奮闘する日々を描いた劇場版アニメを原作者自らがノベライズ両親を事故で亡くし、おばあちゃんの温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学校6年生のおっこ(関織子)。旅館に住み着くユーレイ少年ウリ坊や、7歳の少女のユーレイ・美陽、魔物の鈴鬼の力を借りて、若おかみ修業を頑張る日々。でも時々、両親が生きているような気がして……。劇場版アニメになった、累計300万部の大人気シリーズを、原作者自らがノベライズしたスペシャルな1冊!<小学校中級以上・すべての漢字にふりがなつき>

令丈 ヒロ子[レイジョウ ヒロコ]
著・文・その他/原著

吉田 玲子[ヨシダ レイコ]
著・文・その他

内容説明

累計300万部の大人気シリーズがアニメ映画に!オリジナルストーリーを完全ノベライズ。両親を事故でなくし、おばあちゃんの温泉旅館「春の屋」でくらすことになった小学6年生のおっこ。二人のユーレイや魔物、ライバル旅館の娘・真月の力を借りて、若おかみ修業をがんばる毎日。ところが、思いもかけないできごとが…。出会いと別れをのりこえていく、おっこの物語。小学中級から。

著者等紹介

令丈ヒロ子[レイジョウヒロコ]
大阪府生まれ。嵯峨美術短期大学卒業。講談社児童文学新人賞に応募した作品で、独特のユーモア感覚を注目され、作家デビュー。2018年、「若おかみは小学生!」シリーズがテレビアニメ化。劇場版アニメを公開される

吉田玲子[ヨシダレイコ]
1994年『ドラゴンボールZ』でアニメ脚本デビュー。2014年、東京アニメアワード、アニメオブザイヤー部門において脚本・オリジナル原作賞を受賞。2017年にも2度目の原作・脚本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

彼方

12
劇場アニメが良かったので原作者が手掛けるノベライズも。交通事故で両親を亡くし、旅館を経営する祖母に引き取られた織子(おっこ)の成長物語。厳格な祖母に叱られ、気ままなユーレイたちに振り回され…そんなキツめな始まりですけれど、それでもめげずお客様のためにと奔走するおっこのおおらかさが一人称でわかりやすく描かれて、本当に良く出来た子すぎる…。自身を気遣ってくれるウリ坊やみよちゃん、水領様との出会いが暖かく、それがあって両親の死に直面しても春の屋旅館の若おかみですと言えたのかなと…切なくも成長を感じるワンシーン。2021/11/07

kenitirokikuti

12
原作小説は比較的アバウトな児童向け読み物なのだけど、劇場版アニメではジブリ系のスタッフが工夫を凝らして児童文学っぽく寄せたため、それはそれで鵺(ぬえ)的なものになってしまった。配給がGAGA。「このはな綺譚」のテレビアニメにも関与している。現在のギャガの主要株主、ハウステンボスなのと関係あるのかも。2018/09/24

C-biscuit

9
図書館で借りる。子供向けに借りてきたが、すでに学校で読んだとのこと…。アニメにもなっているので面白いのだろうと読んだ。ちょっと背伸びしたような大人の役割(若女将)を得た小学生が主人公なので、子供も憧れるというか興味深いのだろうと感じる。幽霊などが出てくるのもあり、非現実的な要素も子供向き。そういう意味ではリアリティに欠けるところもあるが、旅館の日常やお客様と接する態度については、本格的な部分も多い。各所に映画のワンシーンが挿絵になっており、雰囲気も含めイメージしやすかった。子供向けなのもあり読みやすいw。2019/08/21

雨巫女。

6
《私-図書館》小説とは、少し違うけど、 やはり、逆縁もつらいけど、小学生で親を亡くすのもつらすぎる。でも、仲間やお客様と一緒に若女将に、成長していく姿は、清々しい。2018/10/02

ふぁら

2
おっこが成長する物語って感じで、すごく感動した。原作はもちろんだけど、脚本家さんの力もすごいなって思った! まだ映画を見ていないので、見に行きたいです!2018/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12957888

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。