講談社現代新書<br> はじめての経済思想史―アダム・スミスから現代まで

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
はじめての経済思想史―アダム・スミスから現代まで

  • 中村 隆之【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 講談社(2018/06発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月22日 15時02分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065122273
  • NDC分類 331.2
  • Cコード C0233

出版社内容情報

アダム・スミスが考えた「よい金儲け」のための条件とは? マルクス、ケインズら経済思想家の現実との格闘を描く入門書の決定版。 よいお金儲けを促進し、悪いお金儲けを抑制する、それが経済学の本質だ! 
アダム・スミス以来の経済学の歴史は、さまざまな悪いお金儲けが力を持ってしまうたびに、それに対抗する手段を講じていくというかたちで展開されてきた。労働者階級が苦しんだ19世紀には、会社のお金儲けのあり方を問い直す経済学が生まれた。庶民が豊かになり、貯蓄をしたい人は多いが、自分で事業を展開する意欲を持っている人は少ないという状態になった20世紀には、貯蓄されたお金を運用する「金融」活動が、社会を豊かにするお金儲けになっているかを問い直すケインズの経済学が生まれた――。
アダム・スミス、ミル、マーシャル、マルクス、ケインズら経済思想家は、現実といかに格闘したのか? 
現代における、富の所有者の「利益をあげるべし」という指令と、富の活用者=働く者たちの関係はどのように考えればよいのか?
富の所有者が経済の主役から降りていくという経済学の一筋のストーリーを、本流と傍流を対比させることで描き出す。一冊で経済思想の歴史がわかる決定版入門書、誕生!

中村 隆之[ナカムラ タカユキ]
著・文・その他

内容説明

よいお金儲けを促進し、悪いお金儲けを抑制する、それが経済学の本質だ!一冊で経済学の歴史がわかる決定版入門書!

目次

第1章 アダム・スミス―資本主義の道徳的条件
第2章 J.S.ミルとマーシャル―労働者階級への分配と成長
第3章 ケインズ―「金融」が資本主義を歪める
第4章 マルクス―「私有」を問い直す
第5章 ハイエク―「私有財産権」の絶対性
第6章 フリードマン―「市場主義」の扇動者
第7章 組織の経済学―現代の経済理論における株主の位置づけ

著者等紹介

中村隆之[ナカムラタカユキ]
1973年神奈川県生まれ。京都大学経済学部卒業。同大学大学院博士後期課程修了。博士(経済学)。青山学院大学経済学部教授。専攻は経済学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

117
うーん、まあまあ。思ったよりも難しかった。もっと経済思想史の大まかな流れをザックリつかめる本かと思ったけれど、どちらかというと経済思想の流れをたどりながら「そもそも経済学とはなにか」という著者が立てた問に対する答えにたどり着くまでのプロセスを一緒になぞるような感じで、なかなか硬派で専門的。あと細かいところの言葉遣いが妙に難しい。現在の日本の会社制度の結論としては「一応の株主主権」などとあるが、わかるような感じもしつつ、よくわからなかった。まだまだ勉強不足なのか。2020/12/17

k5

39
「よいお金儲けを促進し、悪いお金儲けを抑制する」のが経済学だ、という帯の言葉にもあらわれている通り、ちょっと教条的で、その分読み口もクドくなってしまってますが、勉強になりました。とくに、高校の公民の時には、長すぎる主著の名前と「美人投票ゲーム」というキャッチーなフレーズのせいで中身がまるで分からなかった、ケインズの思想が魅力的に書かれています。最終章の会社論的な部分も良かったですが、この章は「思想史」か?まあ、徐々に経済学のお勉強もしていきたいと思います。2020/04/21

ころこ

35
著者の思いが前面に出た経済思想観とそこに並べられた各経済思想家たち。前者には唐突で乱暴な議論が多く、そもそも途中で論点がずれていると思われるので同意できません。マルクスを読み替えて擁護したいのだろうなというのが伝わってきます。ところが、各章を独立して読むと、クセはあるもののそれぞれの経済思想家の仕事が簡潔にまとめられていて、個別に理解することができるように書かれている印象を持ちました。2020/05/19

skunk_c

31
タイトル通り、経済学史ならぬ経済思想史で、経済哲学史と言っても良いかも。スミスからミル、マーシャルと繋いでケインズへの流れは、まさに先進資本主義国イギリスの社会状況の変化に経済学の泰斗がどのような価値観を持って望んだかを理解する手助けになる。そして少し戻ってマルクス。彼の私有財産制に対する批判的見方を現代的に評価する。所有と経営の分離の中、所有者たる株主は徐々に関わりを減らすべきとの主張。一方ハイエクとフリードマン、特に後者は俗な市場主義者とばっさり切り捨てる。経済学の人間臭い側面に光が当たる好書だ。2018/10/18

樋口佳之

27
われわれはケインズにつづき、時計を巻き戻してマルクスに進んだ。マルクスの資本主義を乗り越えようとする思考は、スミスの条件を満たすためにミル、マーシャル、ケインズが格闘した内容と重なり合う/利益を自己目的化してはならない。利益があることは誇りある仕事をつづけるための条件であり、またそれを拡大していくための基盤である。/ケインジアンは、根本的な経済観についてはケインズを継承せず、財政金融政策でマクロ経済をコントロールすべきだという考え方においてのみ、ケインズを継承したのである。悪く言えば「俗流ケインズ主義」2018/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12876671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。