講談社文庫<br> 珠玉の短編

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

講談社文庫
珠玉の短編

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年10月21日 18時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065118320
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

作家・夏耳漱子は掲載誌の目次に茫然とする。自作に付された「珠玉の短編」という惹句。作風に最も遠いその言葉。やがて「珠玉」は妄念となり漱子の頭の中に増殖していくが…。表題作の他、男女の友情を鮮烈に叙景した川端賞受賞作「生鮮てるてる坊主」など、生の残酷と滑稽を鋭敏な言葉で描き出す11の物語。

著者等紹介

山田詠美[ヤマダエイミ]
1959年、東京都生まれ。’85年に「ベッドタイムアイズ」で第22回文藝賞を受賞してデビュー。’87年に『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で第97回直木三十五賞、’89年に『風葬の教室』で第17回平林たい子文学賞、’91年に『トラッシュ』で第30回女流文学賞、’96年に『アニマル・ロジック』で第24回泉鏡花文学賞、2001年に『A2Z』で第52回読売文学賞、’05年に『風味絶佳』で第41回谷崎潤一郎賞、’12年に『ジェントルマン』で第65回野間文芸賞、’16年に「生鮮てるてる坊主」で第42回川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

恋愛、友情、自尊心――欲望の先は、グロテスクでブラックで愛おしい。短篇小説の名手が贈る、川端賞受賞作も収録した11編の絶品。恋愛、友情、自尊心――人間の欲望の行き着く先は、グロテスクでブラックで愛おしい!

主人公の奈美はある夫婦と親しくしているが、その妻の虹子よりも、夫の孝一の方に深い友情を感じている。奈美と孝一は、頼りなく不安定な虹子の面倒をみているつもりだ。虹子にまつわる問題を二人で解決することで、二人の親密度は増していく。しかし、孝一の出張中の雨の日を境に、三人の関係は歪み始める。友情と肉体関係――そして今まで見ていた世界は、音をたてて崩れていく。川端賞受賞作「生鮮てるてる坊主」

神戸美子は幼い頃からありとあらゆる悪意を一身に受けてきた。中学の時、積年の恨みは念となりついに同級生の男子を襲う。世にも稀な復讐の才能を手に入れた美子は、教祖と信者を兼任するひとり宗教「みこちゃん教」を設立するが……。「自分教」

スプラッタ描写に定評がある作家・夏耳漱子は、自作に最も似つかわしくないはずの「珠玉」という惹句に取り憑かれてしまった。やがて頭の中で珠玉たちが地位向上と種の保存を騒ぎ出して…!? 表題作「珠玉の短編」

短篇小説の名手が贈る、川端賞受賞作を収録した11編の絶品。


サヴァラン夫人
珠玉の短篇
箱入り娘
自分教
生鮮てるてる坊主
骨まで愛して・・みた
命の洗濯、屋
蛍雪時代
虫やしない
鍵と鍵穴
100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン
言葉用重箱の隅つつき病――あとがきにかえて

山田 詠美[ヤマダ エイミ]
著・文・その他