講談社+α新書<br> 空気を読む脳

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

講談社+α新書
空気を読む脳

  • ウェブストアに93冊在庫がございます。(2021年05月15日 10時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065118245
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C0211

内容説明

“なぜ、相手や周りの気持ちがわかりすぎる人ほど生きづらいの?”日本人の脳の「強み」を知る!不自由さを突き抜ける処方箋。

目次

第1章 犯人は脳の中にいる―空気が人生に与える影響とは?(“カミカゼ遺伝子”は脳内に現代も息づいているか;日本人はなぜ「醜くても勝つ」より「美しく負ける」を好むのか;ブランドを身に着けると、なぜ「人生で得をしがち」なのか;日本人は富裕層になれても大富豪にはなれない?;不倫もバッシングも脳や遺伝子に操られているのか?)
第2章 容姿や性へのペナルティ―呪いに縛られない生き方(女性の容姿への「残酷な心理実験」が映し出す現実社会;女という「呪われた」性で「婚活」に苦しむ日本人女性;レールを敷く親―子どもを蝕む「毒親」とは?;同性愛の科学―“生産性”をめぐる議論に寄せて)
第3章 「褒める」は危険―日本人の才能を伸ばす方法とは?(失敗を恐れる脳―日本人はなぜ「挑戦」しなくなったのか;なぜ報酬がいいとやる気や創造力が減退してしまうのか;「すぐに返信しない男」と「既読スルーを我慢できない女」;「超一流」が育ちにくい時代に才能を伸ばす脳の育て方とは?;20代までも成長し続ける脳が味わう試練と、その助け方)
第4章 「幸福度が低い」わけがある―脳の多様すぎる生存戦略(日本人の脳をつくったのは、環境か遺伝子か?;「弱み」は人間の生存戦略上なくてはならない)

著者等紹介

中野信子[ナカノノブコ]
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに、人間社会に生じる事象を科学の視点をとおして明快に解説し、多くの支持を得ている。現在、東日本国際大学教授。テレビ番組のコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件