講談社ラノベ文庫<br> 魔王軍の軍師はじめました

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
魔王軍の軍師はじめました

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 00時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063752885
  • NDC分類 913.6

内容説明

壬生頼光はごく普通の高校生、になりたいと思っている。ただ、実家のちょっとした事情により、クラスではとても浮いて―避けられていた。そんな境遇を嘆きながらも、公務員になり平穏な生活を送るという夢のために努力していた。そんなある日、ちょっとした事情のせいで起きる日常のちょっとしたトラブル―ヤクザの抗争をいつものように解決した頼光。なぜいつもこうなってしまうのかと悩む頼光の前に、謎の少女が現れる。彼女の名は、ルキフェル。幻獣グリフォンを従えた―異世界の魔王、らしい。戦争に敗れ、こちらに逃げてきた彼女は、見事に抗争に勝利した頼光を、軍師として迎えたいと言い出して―?

出版社内容情報

余は魔王ルキフェル・スペルビアである!

「余の軍師になってくれぬか?」
家の都合で若くして極道の若頭をさせられている壬生頼光16歳は、今日も今日とて抗争にかり出されていた。強面連中の指揮を執って組を勝利に導く頼光。そんなある日、目の前に十二枚の翼を持つ少女――魔王ルキフェルが現れた。神々の代行者に負けて異世界から逃げてきたルキフェルたち魔王軍一同は、頼光に軍師になってくれと依頼してくる。自由奔放な魔王軍一同に振り回されながらも、頼光は指揮を執っていき――!? そして頼光は魔王軍を再建し、魔族に認められる最強の軍師となっていく!