• ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
大帝国〈下〉鼠と王女 星海の果

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 428p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063752328
  • NDC分類 913.6

内容説明

統一宇宙暦940年。超大国ガメリカは最新兵器を導入した。サイバネティックスで身を包み、どんな命令にも絶対服従する人型の最終兵器「CORE」。戦艦と頭脳を直結したその機動力と火力に日本帝国艦隊はしだいに追い詰められていく。しかし、ガメリカも計算していなかった事態が起こる。絶対服従なはずの「CORE」たちが反乱を起こしたのだ!凶悪犯罪者の頭脳を改造したそれは、かつての快楽を取り戻すように世界規模で破壊と虐殺を繰り返す。そしてついには眠れる人工大怪獣“バージニア”までも復活させ、人類に復讐を遂げようとし始めた。無敵と化した人工頭脳艦隊を相手に、果たして日本帝国は、人類は、生き残れるのか!?―。

著者紹介

浜崎達也[ハマザキタツヤ]
1973年生まれ。茨城県出身。小説家・脚本家・漫画原作者として様々な企画に参加する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦争兵器が暴走を始める。星の海を巻き込んだ大戦は、人類滅亡の危機を招く。果たして日本帝国、そして世界の運命は!?

ガメリカが開発した戦争兵器「コア」が暴走を始める。人類に対して破壊、暴力、略奪、蹂躙を繰り返すこの兵器は世界各国を浸食していく。世界が怨嗟の声で満ちあふれる中、東郷長官が指揮する日本帝国艦隊は人類最後の希望を背負いこの最終兵器に向かっていく。そして明かされる人類誕生と宇宙怪獣の謎。果たして生き残るのは、人か、機械か---!?