空が分裂する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 95p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784063648980
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いっちゃんず

19
詩について:『死んでしまう系のぼくらに』と同様、感覚的なものしか頭に入ってこない。ただ、「おめでとうさようなら」「夏襲来」の2篇のみ何となく理解。どうしてこんなに特殊な読書体験になってしまったかについては、作者あとがきを読んでとても納得した。しかし、これを別冊少年マガジンで連載していたのか… /イラストについて:知っている人だけでも、市川春子、萩尾望都、山本直樹、古屋兎丸、冬目景、鬼頭莫宏、鈴木央、板橋しゅうほう、志村貴子、西島大介。さすが講談社。イラストだけでも一読の価値あり。2015/03/18

二藍

13
【北極でぼくを待っている人がいるとして、ぼくはそんなところまで迎えに行けるだろうか。】【そんなところまで歩いて行って、すきって言ってもらいに行って、しまうぐらいぼくは孤独なのだろうか。】Twitterで知った最果タヒさんの詩集。じっくり読んでみると、なんか、攻撃的だけど傷つけてるんじゃなくて、突き放してる、ような感じ。多用される「よかったね」っていう言葉が特にそう感じさせた。『みじめな人たちのこころ』が好き。『夜の死』と『ミッドナイト夜』と『天国と、とてつもない暇』も好き。2014/07/02

みーこ

7
「感情は名をつけたら俗物になるんよ」というセリフが1番好きです。詩を読むものいいかもしれません。少し分かりにくい表現もありましたが、「やあ!」はグサッとくる詩でした。2015/11/01

ハルト

5
死と詩。鋭さ痛さ。世界を唾棄し愛してる。今的である不変さ。誰もが感じていることがあるから共感するし、誰とも違ってしまってるってことに共感する。第一部は詩とイラストの競演。市川春子/萩尾望都/古屋兎丸/ワカマツカオリ/冬目景/鬼頭莫宏/皆川亮二/片山若子/志村貴子/西島大介/小林系/他と豪華な顔ぶれ。融合しているようで戦っているみたいで見て楽しい読んでいい。第二部は詩のタイトルごとにフォントを変えてて、いろいろ凝っている詩集でした。あとがきが好き。2012/12/16

ユッケ

3
詩集を読むなんていつ以来だろう。ホント意味不明なんだけど、不意にグサッと刺さる一文がある。写真みたいだ、と思う。ある一瞬を焼き付けた文章。小説が映画だとすれば、これは写真。2013/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5447959

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。