KCデラックス アフタヌーン
黄色い本 - ジャック・チボーという名の友人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 154p
  • 商品コード 9784063344882
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

小説の主人公に自分を重ね、図書館で借りた本を読みふける少女。名作「チボー家の人々」を題材に採った表題作のほか、3編を収録。会社の片隅で繰り広げられる、恋か?セクハラか?本人たちにもわからない小さな騒動「マヨネーズ」、ボランティアが派遣先で起こすスリリングなすれ違い「二の二の六」など、バラエティー豊かに人生の真実と上澄みをすくい取る、たぐいまれなる作品集。ユーモアとクールな距離感が織りなす絶妙なバランス、名手による4編の物語をお楽しみください。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

104
いただいたご本を読みました♪ 昨年読んだ『ドミトリーともきんす』が面白くって 一遍でファンになっちゃった高野文子さんの漫画です。この人のお話は、モダンで柔和な絵と ユーモラスで飄々とした描写が、静かに楽しくて良いですね。■この本は4つのお話が収録されてる短編集。書を読み もの思う高校生が主人公の表題作が1番好きでした。半世紀くらい前?の日本の、女の子の置かれた状況と 淡々と流れる日常、そしてジャック・チボーという名の友人。トーチャンの言葉が沁みました。■(2002年)(初出 1999年~2001年)2017/01/30

鱒子

68
すごい漫画でした。実は初めは全く理解できませんでした。モチーフが未読の小説「チボー家の人々」、馴染みのない方言、説明の少ない人物関係、突然現れる主人公の妄想etc。初読の時は、上っ面をツラツラと読むだけで終わってしまいました。もう一度読み返す前に予備知識をと思い、Webで「チボー家」について調べてみました。再読してみるといろんなことが腑におち、心を揺さぶられました。この漫画はまさに文学!!だと思います。2020/02/02

コットン

68
『黄色い本』は『チボー家の人々』を題材に青春の一時期、本の世界にのめり込んでいく姿が愛らしく描かれていて素敵な作品でした。2015/01/11

syaori

67
表題作は女子校生の主人公が夢中で『チボー家』を読む日々を描いたもの。ジャックに共感し、彼の心情や思想を掴もうと物語に浸るようにしながら本を読む彼女の姿には共感ばかり。物語は、これから社会に出てゆく彼女の不安や長女としての不満を彼女のジャックへの傾倒に昇華していて、彼の物語が終わったところで、就職や家族といった彼女の問題も一区切りしているのが見事だなと思います。また最後の「いつでも来てくれたまえ」という傍白は、そんなふうに読んだ本の経験と思い出は永遠なのだと言われているようで、何度読んでも胸が熱くなります。2021/03/02

Hideto-S@仮想書店 月舟書房

59
Amazon『オールタイムペストコミック』選定本。手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。小説『チボー家の人々』に没入する高校生【実地子】の話。読書に集中するうち彼女は、小説世界の人々と会話をし、夜ごとレジスタンス運動に加わるようになります。一方、現実世界では進路決定の時期が迫り、夢の世界との間で揺れます。無造作に思える絵ですが、文学的というか、とても内省的な世界が描かれてます。実体験に基づく話で、描き終えると「思い出がすっからかんになった」と、本や中学から続けていた日記を捨ててしまったそうです。他3篇を収録。2014/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572559
  • ご注意事項