日本国の正体―政治家・官僚・メディア 本当の権力者は誰か

電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり

日本国の正体―政治家・官僚・メディア 本当の権力者は誰か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062950503
  • NDC分類 317
  • Cコード C0095

内容説明

「私はかつて官僚のポチだった」政府税調委員も務めるエリート記者が本音で綴った懴悔録。

目次

第1章 官僚とメディアの本当の関係(新聞は何を報じているか;不可解な事件;霞が関の補完勢力になった新聞;転向の理由;政権を内側からみるということ)
第2章 権力の実体(政治家と官僚;「増税」をめぐるバトル;財務官僚の変わり身;福田首相の本心l事務次官等会議)
第3章 政策の裏に企みあり(「政策通」の現実;カネは国が使うべきか、国民が使うべきか;定額給付金は「ばらまき」か;「官僚焼け太り予算」を点検する;政策立案の手法;「専務理事政策」とはなにか)
第4章 記者の構造問題(記者はなぜ官僚のポチになるのか;真実を報じる必要はない?;「特ダネ」の落とし穴;紀者は道具にすぎない;官僚にとっての記者クラブ)
第5章 メディア操作を打破するために(霞が関幻想;先入観としての「三権分立」;「政府紙幣犯行問題」の顛末;記者が陥る「囚人のジレンマ」;報道の力を取り戻すために)

著者等紹介

長谷川幸洋[ハセガワユキヒロ]
1953年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。77年、中日新聞社入社。87年、東京本社(東京新聞)経済部。ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士。ブリュッセル支局長などを歴任し、現在は論説委員。2005年から08年まで財政制度等審議会臨時委員、06年から政府税制調査会委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大人の教科書<永田町・霞が関編>
誰も教えてくれなかった「権力の本質」
政・官そしてマスコミの真実の姿──。
官僚による巧妙な情報操作の実態が、ついに明かされる!

●売り手独占の情報市場
●特ダネ競争に走る記者たちが嵌る「囚人のジレンマ」
●官僚たちの本当のインセンティブ
●情報の正しい集め方とは

記者は誰もが少しでも早く情報を取りたいと思っている。官僚はそれを知っているから、大きく報じてくれそうな記者を選んで情報を流す。それが特ダネだ。その情報が国民にプラスかどうかは二の次となる。官僚から優先的に情報提供される記者は「官僚の代理人」になる。特ダネは、「官僚=ご主人様、記者=ポチ」化の始まりなのだ。