講談社タイガ<br> 路地裏のほたる食堂―2人の秘密

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

講談社タイガ
路地裏のほたる食堂―2人の秘密

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062941037
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「あんたの秘密。聞かせてくれたら、金はいらない」
屋台の料理店「ほたる食堂」。風の吹くまま気の向くまま、居場所を持たずに営業するこの店では、子供は原則無料。ただし条件がひとつ。それは誰も知らないあなたの秘密を教えること……。
闇夜にまぎれるように佇む路地裏の食堂を舞台に、足りない何かを満たしてくれる優しい物語。

内容説明

神出鬼没の屋台「ほたる食堂」店主の神宗吾と、冬休み限定の高校生バイト鈴井遙太には、秘密がある。それは「料理を食べると作り手の思念や過去が見える」というもの。奇妙な力を隠したい神と力が役に立つことを信じる遙太の前に、思い詰めた一人の客が。彼の悩み―姿を消した少女の行方捜しを手伝ううちに、屋台の元常連客・倉持翔平のきな臭い失踪事件に巻きこまれ…。

著者等紹介

大沼紀子[オオヌマノリコ]
1975年、岐阜県生まれ。2005年に「ゆくとし くるとし」で第9回坊っちゃん文学賞大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

105
路地裏のほたる食堂その2。読み始めは特殊能力持ちの話だとは覚えていなかったけど、読み進めるとそういえばそうだったと思い出して安心。面白かったけど、終盤にやくざ?が追いかけてこなくなってなぜ?。2018/02/09

とし

97
路地裏のほたる食堂「2人の秘密」2巻。神さんと遙太の不思議な力、明と暗ではあるが行き着く先は優しさと思いやりかな、神さんの力は底知れない物が秘めているかも先が楽しみです。 2019/02/22

takaC

90
1年ほど前にシリーズ1冊目を読んだ縁で続きも読んでみた。真夜パンほどの人気はないんだね。2018/09/24

hirune

59
開けっぴろげで考えなしなお人好しと慎重すぎるくらい頑ななお人好しの二人、でも正反対でもお人好しはお人好し 結局もろ共に巻き込まれちゃうのよねっていうお話でした?しかし遥太はあんなに無防備に反社会的な人たちに秘密をバラしちゃったら、拉致されて一生飼い殺しか 珍獣として売られちゃうんじゃないか?とハラハラしました!過去のない謎の男 神はどんだけの能力を秘めてるかわからない…もしやターミネーターなんじゃないのか⁈なんちゃって☆2018/11/15

はつばあば

50
シリーズ物っていうのは一気に読むに限る。舞台は岐阜から東京へ。?一巻登場の教育実習生二人ではなく「あんたの秘密を聞かせてくれ」と言うほたる食堂の店主神と炊飯器を持って回った美少年の遥太の。そう、冬休み限定で遥太は神の元にやってきたのです。がこんなに伸び伸びとした少年だなんてキャラ変更したの?ってくらい軽い。やっぱり何も考えずにご飯が食べられるって有り難いんですよね。それにアイドルもご飯を好きなだけ食べたいと行方をくらますんですもの。「正しさの証明なんて、未来でしか出来ない」確かに!やってみないとわからんわ2021/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12543121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。