講談社タイガ<br> エチュード春一番〈第2曲〉三日月のボレロ

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社タイガ
エチュード春一番〈第2曲〉三日月のボレロ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940412
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

夏休みの夜、神社の境内で美綾は光る蛇のビジョンを見る。 翌日から「視える」男につきまとわれ、能力者仲間になるよう迫られる。パピヨンの姿をした八百万の神・モノクロと暮らして四ヵ月。祖母の家に帰省した美綾は、自身の才能や適性が見出せず、焦燥感を抱いていた。東京へ戻る直前、美綾は神官の娘・門宮弓月の誘いで夜の氷川神社を訪れ、境内で光る蛇のビジョンを見る。それは神気だとモノクロは言う。美綾を「能力者」と認識した「視える」男,
飛葉周は彼女につきまとい、仲間になるよう迫る。

プロローグ
第一章 夏の夜の誘い
第二章 弓月が見るもの
第三章 古層の神々
第四章 美綾が見るもの


荻原 規子[オギワラ ノリコ]
著・文・その他

内容説明

パピヨンの姿をした八百万の神・モノクロと暮らして四ヵ月。祖母の家に帰省した美綾は、自身の才能や適性を見出せず、焦燥感を抱いていた。東京へ戻る直前、美綾は神官の娘・門宮弓月の誘いで夜の氷川神社を訪れ、境内で光る蛇のビジョンを見る。それは神気だとモノクロは言う。美綾を「能力者」と認識した「視える」男、飛葉周は彼女につきまとい、仲間になるよう迫る。

著者等紹介

荻原規子[オギワラノリコ]
1988年、『空色勾玉』でデビュー。同作で第22回日本児童文学者協会新人賞を受賞。『これは王国のかぎ』で第41回産経児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mocha

97
美綾って本当は能力者だったのか?自覚がないままに周囲に影響を及ぼすって『RDG』を思い出させる。神道のあれやこれやが出てくるからなおさら…。今回も何の役にも立たないわんこ神に神様=万能のイメージが覆されてしまった。神頼みって結局心の持ちようだということ?まだまだお話は始まったばかりのようで、今後の展開が楽しみ。2017/05/04

hirune

76
何てことするんだ、飛葉周(イントネーション=ピカチュウ)許すまじ!本当に美綾の周りには変な奴ばかり集まってくる^^;しかも変度がエスカレートしているような。それはともあれ、モノクロは可愛いなぁ。だってパピヨンのちっちゃな前足でノートパソコンを操作してるんですよ、チャカチャカって!(//∇//)可愛すぎるでしょ☆2016/10/05

あこ

55
二巻も表紙可愛い。勝田文さん最高。 生き抜く力を持っているって誰かに認めて貰えること、静かに見守ってくれること。具体的に何かしてくれる訳じゃなくても、これって凄い助けになるんじゃないかと思った。 3D男子くん、もっといっぱい出てほしい。2016/08/29

佐島楓

50
物語がかなり思わぬ方向に転がっていって、ハラハラさせられた。次巻も読ませていただきます。2016/09/05

ぽろん

47
又、パピヨンのモノクロに出逢えたのは、嬉しかったけど、ストーカー男は、最低。この先、関わらない事を心から願いますが、どうなるやら。この作品でも、神社の薀蓄が語られていたのは大きな収穫。狼を狛犬にしている三峯神社に興味をそそられたが、心身が弱っているとこちらの厳しい気は合わないとか。夏バテ気味の私は当分、無理だー。2016/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11037014

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。