講談社タイガ<br> アンデッドガール・マーダーファルス〈2〉

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

講談社タイガ
アンデッドガール・マーダーファルス〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月16日 17時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940306
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ルパンが…ホームズが…そして、名探偵“鳥籠使い”が! 探偵・怪盗・怪物が入り乱れ、宝石を手に入れるのは一体誰か!?一八九九年、ロンドンは大ニュースに沸いていた。怪盗アルセーヌ・ルパンがフォッグ邸の宝石を狙うという予告状を出したのだ。警備を依頼されたのは“鳥籠使い”一行と、世界一の探偵シャーロック・ホームズ! さらには保険機構の用心棒に、鴉夜たちが追う“教授”一派も動きだし……。怪物だらけの宝石争奪戦を制し最後に笑うのは誰か? 加速する笑劇、五つ巴の第二幕!

第三章 怪盗と探偵
第四章 夜宴


青崎 有吾[アオサキ ユウゴ]
著・文・その他

内容説明

1899年、ロンドンは大ニュースに沸いていた。怪盗アルセーヌ・ルパンが、フォッグ邸のダイヤを狙うという予告状を出したのだ。警備を依頼されたのは怪物専門の探偵“鳥篭使い”一行と、世界一の探偵シャーロック・ホームズ!さらにはロイズ保険機構のエージェントに、鴉夜たちが追う“教授”一派も動きだし…?探偵・怪盗・怪物だらけの宝石争奪戦を制し、最後に笑うのは!?

著者等紹介

青崎有吾[アオサキユウゴ]
1991年神奈川県生まれ。明治大学文学部卒業。2012年『体育館の殺人』(東京創元社)で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。続く『水族館の殺人』が第14回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補となる。平成のクイーンと呼ばれる新時代の本格ミステリ作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

167
楽しくワクワクドキドキ!そして各所でニンマリ!ひたすら躁な感情の昂りが止まらない!前巻で予告された西洋怪物の面々に先立ち、ホームズ・ルパン・ファントム登場にもう夢中。大富豪フォッグ氏所有のダイヤ〈最後から二番目の夜〉を盗む・守る・ついで捕らえるに三つ巴ならぬ四つ巴な展開にのめり込む。その鉄壁な守護体制を掻いくぐる様はロジックさすがな一方で、鴉夜一行の存在感がバカらしくも見事に笑劇(ファルス)。強過ぎる真打M教授御一行だが、少し抜けた個性が手伝い、無事次巻へ続く♪2017/03/29

麦ちゃんの下僕

151
何という贅沢さ&濃密さ!これは本当にスゴすぎます!『八十日間世界一周』のフォッグが所有するダイヤを、あのルパン&ファントムが狙い…“鳥籠使い”一行とホームズ&ワトスンがそれを守り…さらに「ロイズ」のエージェント達や“あの教授”の一味の思惑も加わって…これでもうドキドキワクワクしないはずがありません!事件の前段をアクションとコミカルさを交えて描く序盤・ダイヤを巡りホームズとルパンが頭脳戦を展開する中盤・そして各勢力が入り乱れて同時多発大バトルを繰り広げる終盤…これはもうエンターテインメントの“大傑作”です!2020/09/21

nobby

144
再読。「ふふふふふ」「はははははは」さぁ寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!まず繰り広げられるのはダイヤ〈最後から二番目の夜〉をめぐる世紀の大怪盗と誰もが知る名探偵の推理合戦と攻防!その傍らには置いてきぼり!?の鳥籠(笑)はたして至宝は誰の手に!?三つ巴にとどまらず満を持して登場するのは吸血鬼に魔術師に人造人間そして最凶ジャック!様々な対決はドキドキも痛々しさも淫らもあり。夜宴の首謀者たるMとホームズの対峙なんて期待通りの演出がたまらない!笑劇オチがついた後での暗号解読にワクワク!そして予告は人狼だからね♬2021/05/05

ダイ@2019.11.2~一時休止

121
本作ではホームズやルパンが登場し、怪物トリックではなく、ラノベ色が濃くなって宝石争奪のバトルシーンがメインイベント。敵も確認できたし次作で体は取り戻せるか?2016/11/05

だんじろー

111
面白いなあ。オールスターキャストが揃い踏みって感じで、こんなので収集つくのかよ!って本気で心配したけれど、見事に杞憂に終わった。バトルシーンのスピード感たるや、筆舌に尽くしがたいほど。ルパンVSホームズの知恵比べも期待以上のレベル。特にルパンの密室攻略の手口がまさに秀逸。ただ一点だけ気になったのは、金庫の大きさについて。〇〇が入るのに〇〇よりも小さいんだよね。う~ん、ちょうどいいサイズが思い浮かばない・・・。2016/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10992553

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。