講談社タイガ<br> 君と時計と雛の嘘〈第4幕〉

個数:
電子版価格 ¥577
  • 電書あり

講談社タイガ
君と時計と雛の嘘〈第4幕〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 351p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940184
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大切な人を救うため、何度でも時を超える――。切ない青春タイムリープミステリ四部作の第四弾!織原芹愛の死を回避できなければ、杵城綜士は過去へと飛ばされる。その度に「親友や家族が世界から消失する」という大き過ぎる代償をともなって――。無慈悲に繰り返される時間遡行を断ち切るために、綜士と芹愛は『希望と言い切るには残酷に過ぎる、一つの選択肢』の前で苦悩する。鈴鹿雛美がつき続けた嘘と、隠された過去とは……。衝撃のラストが待ち受ける待望の完結篇!

第十五話 希望は朽ち果て、花は枯れ
第十六話 たった一人のその人さえも
第十七話 君が見つけてくれたから
第十八話 せめて笑顔で死ねますように
最終話 二度と始まることのない終わりまで
プロローグ
エピローグ
あとがき


綾崎 隼[アヤサキ シュン]
著・文・その他

内容説明

織原芹愛の死を回避できなければ、杵城綜士は過去へと飛ばされる。その度に「親友や家族が世界から消失する」という大き過ぎる代償をともなって―。無慈悲に繰り返される時間遡行を断ち切るために、綜士と芹愛は『希望と言い切るには残酷に過ぎる、一つの選択肢』の前で苦悩する。鈴鹿雛美がつき続けた嘘と、隠された過去とは…。衝撃のラストが待ち受ける待望の完結篇!

著者等紹介

綾崎隼[アヤサキシュン]
2009年、第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞し、『蒼空時雨』(メディアワークス文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

133
最終巻の後半は、もう心の中で泣いていました。果てしない繰り返しの世界の中で、綜士たちの努力は、何度も無駄に終わってきたし、最後のタイムリープも、果たしてどうなるのかわからないのですから。そして最終章での結末は、まさに涙もの。推理と記憶だけを頼りにしての展開は、まさにミステリそのものでした。そして……ネタバレのおそれがあるので、詳しく言えませんが、とにかく感動!2016/11/13

nayu

96
良かった……本当に良かった……。  希わくは、彼と彼女が笑いあえますように。  希わくは、彼と彼女の未来が明るくありますように。  希わくは、彼と彼女の願いが叶いますように。  希わくは、彼女の望みが実現しますように。  希わくは、彼らが幸せになれますように。   「じゃあ、また明日!」2016/11/03

ピロ麻呂

83
待ちに待ってた「君と時計」シリーズ完結編☆謎が多かった雛美がやっぱりタイムループを止める鍵だった(>_<)そして究極の選択…悲しい結末…と思いきや(^o^) いい感じの結末でした♪ もう一度4巻通して読みたいな(≧▽≦)2016/10/22

佐島楓

63
小説らしい小説。ひとりひとりが人生の主人公であり、物語が終わってもこの理不尽な世界は続く。それを彼らは、わたしたちは、受け入れて生きていかねばならない。2016/10/26

よっち

57
ついに先輩まで消えてしまった世界。時間遡行を断ち切るために、残された綜士と芹愛と雛美が『希望と言い切るには残酷に過ぎる一つの選択肢』の前で苦悩する。確かにこれまでのことを振り返ってみるとそれしかないと思える結論でしたけど、ではそれを選択できるのかというと誰にとっても難しい決断。これまで失われていったものを取り戻せた一方で、失われてしまったものもありましたけど、それでも終盤に描かれていたもう一つの物語と、良かったなと安心できる結末には救われる思いでした。もし関連作品出るのならその後の話も少し期待しています。2016/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11169158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。