講談社タイガ<br> シャーロック・ホームズの不均衡

電子版価格 ¥100
  • 電書あり

講談社タイガ
シャーロック・ホームズの不均衡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940047
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

名探偵が国家に追われる!? 誰も見たことのない、探偵物語が始まる。妹を守るため、僕は探偵になった。


両親を殺人事件で亡くした天野直人・七海の兄妹は、養父なる人物に呼ばれ、長野山中のペンションを訪れた。待ち受けていたのは絞殺事件と、関係者全員にアリバイが成立する不可能状況!
推理の果てに真実を手にした二人に、諜報機関が迫る。名探偵の遺伝子群を持つ者は、その推理力・問題解決能力から、世界経済の鍵を握る存在として、国際的な争奪戦が行われていたのだ……!

第1話 雪の日は日常にさよなら
第2話 シャーロック・ホームズの産卵
第3話 世界は名探偵でできている
第4話 貴きものは頭部を狙う
あとがき


似鳥 鶏[ニタドリ ケイ]
著・文・その他

内容説明

両親を殺人事件で亡くした天野直人・七海の兄妹は、養父なる人物に呼ばれ、長野山中のペンションを訪れた。待ち受けていたのは絞殺事件と、関係者全員にアリバイが成立する不可能状況!推理の果てに真実を手にした二人に、諜報機関が迫る。名探偵の遺伝子群を持つ者は、その推理力・問題解決能力から、世界経済の鍵を握る存在として、国際的な争奪戦が行われていたのだ…!

著者等紹介

似鳥鶏[ニタドリケイ]
2006年『理由あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

だんじろー

144
設定はなかなか魅力的なんだけどなあ~。スケールが大きいわりに、肝心のトリックは新しさが見当たらず、前にどこかで見たようなものばかり。七海の“見た目”と“メール”のギャップについても、有り得ないくらい激しくて、とても同一人物とも思えない。人名にちょいちょい山梨県の地名が使われてるところは、不覚にも思わず頬が緩んだけれど。2016/12/08

141
不可能犯罪ミステリであり、ちょっぴりバイオレンスなアクションがある。でも一番の魅力は似鳥作品らしい小ネタの数々だと思う。フィギュア、ラドクリフ、講談社、ハンバーガー等。あとがきや注釈も流石です2020/02/09

NADIA

128
シリーズ1作目。やはりこちらから読むべきだった。「ホームズ遺伝子群」の説明が丁寧で納得させられた。財閥の御子柴家がその能力保有者を多額の財力を投じ国の機関と協力しながら保護するといういきさつには疑問を感じないでもないが、ラノベならばこれくらいはありかな。巻頭の「頭脳チャレンジ」は全問正解したが、別解はひとつも思いつかなかったので、能力保有者として狙われる心配はなさそうだ(^^;;2017/12/23

ダイ@2019.11.2~一時休止

128
御子柴その1。連作短編集。初読み作家さん。注釈付きなのが新本格を彷彿させてイイ感じ。ただこの設定で妹は学校に行けるの?。2017/07/26

hnzwd

112
不可能状況を解決する能力を持つ者を集めるために暗躍する機関(シンクタンク)と、それを阻止するために謎を先に解決することに挑む主人公一行。謎を解く能力があるのは妹で、それを隠すために兄が前面に出るっていう設定はありがちながら、いい感じ。シリーズ続きそうですが、、機関との前面対決まで行ったらどれだけかかるのか。。。あとがきは相変わらずの似鳥節でした。2016/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9877626

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。