講談社文庫<br> 因果―百万石の留守居役〈9〉

個数:
電子版価格 ¥712
  • 電書あり

講談社文庫
因果―百万石の留守居役〈9〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月17日 22時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062936880
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

お国入りの一行は加賀藩領内に入り、婚約者琴の待つ金沢を目前にした高岡の名刹・瑞龍寺で、藩主綱紀に襲撃者たちが襲いかかる。藩士を励まし応戦する数馬に、「加賀の闇を見せる」と綱紀は決めた。琴との婚姻も、そのひとつなのか。休む間もなく数馬には、越前松平家を探る新たな命が下される。

著者紹介

上田秀人[ウエダヒデト]
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。’97年小説CLUB新人賞佳作。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズ(全十二巻)は、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。歴史小説にも取り組み、『孤闘 立花宗茂』(中公文庫)で第16回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

婚約者の琴の待つ金沢を目前に、藩主綱紀以下お国入りの一行は危地に陥る。襲撃者の一団に立ち向かう数馬だが。