講談社学術文庫<br> メタサイコロジー論

個数:
電子版価格 ¥654
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
メタサイコロジー論

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062924603
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0111

出版社内容情報

フロイトが1冊の書物にすることを企図して執筆した論文のうち、現存するものすべてを収録。第一級の分析家による渾身の新訳!本書は、ジークムント・フロイト(1856-1939年)が1915年に執筆し、『メタサイコロジー序説』という表題で1冊の書物にまとめることを意図していた論文のうち、現存する5篇と草稿1篇を収録したものである。
1900年に『夢解釈』を発表して衝撃を与えたフロイトは、その後、「ドーラ」、「ハンス」、「鼠男」、「狼男」などの症例における臨床経験を経て、包括的な理論の構築を「メタサイコロジー(メタ心理学)」の名の下に企図した。精神分析にとって大きな画期となるはずだった『メタサイコロジー序説』は12篇の論文から成るものとして計画され、フロイトは1915年3月15日から5月4日までに5篇を執筆し、『国際精神分析雑誌』で発表する。それが本書に収録された「欲動と欲動の運命」、「抑圧」、「無意識」、「夢理論へのメタサイコロジー的補足」、「喪とメランコリー」である。
さらにフロイトは、3カ月後の8月9日までに残る7篇をも書き上げた。その爆発的な知的エネルギーには圧倒されるばかりだが、なぜかそれら7篇は公表されず、『メタサイコロジー序説』も幻の書物となる。「意識」、「不安」、「転換ヒステリー」、「強迫神経症」、「投影」、「昇華」、「転移神経症概要」という表題が知られる7篇はフロイト自身の手で破棄されたものと考えられていたが、しかし1983年、書物の掉尾を飾るはずだった第12論文「転移神経症概要」の草稿が発見された。本書にはこれも併せて収録し、1915年のフロイトに起きていた思想劇を最善の形で見ることができるようになっている。
各論文の表題に示されているとおり、ここでなされているのは「欲動」、「抑圧」、「無意識」、「夢」といった精神分析の根幹に関わる概念の再構築にほかならない。書物の形にすることを放棄したことに示されているように、フロイト自身はここからさらなる進展を遂げていくが、その出発点としてこれらの論文が存在していることは否定しようもない。現存するメタサイコロジー論文の日本語訳が1冊の形にまとめられるのは今回が初めてとなる。本書は、フロイトと同様、常にみずからの理論を刷新する第一級の分析家による渾身の訳書である。

欲動と欲動の運命
抑 圧
無意識
夢理論へのメタサイコロジー的補足
喪とメランコリー
転移神経症概要[草稿]
訳者解題
訳者あとがき


ジークムント・フロイト[ジークムント フロイト]
著・文・その他

十川 幸司[トガワ コウジ]
翻訳

内容説明

一九一五年、精神分析の根本的な構築を企てたフロイトは、一冊の書をなすべく一二本の論文を一気呵成に書き上げる。しかし、結果的に一部が発表されただけで終わったその書『メタサイコロジー序説』は幻となった。本書には、一二本のうち、現存する五篇と後世に発見された草稿一篇のすべてを収録。第一級の分析家による決定版新訳が、ここに完成。

目次

欲動と欲動の運命
抑圧
無意識
夢理論へのメタサイコロジー的補足
喪とメランコリー
転移神経症概要(草稿)

著者等紹介

フロイト,ジークムント[フロイト,ジークムント] [Freud,Sigmund]
1856‐1939年。精神分析の創始者。治療の実践から独自の人間理解を引き出し、精神医療のみならず、20世紀の思想に計り知れない影響を与えた

十川幸司[トガワコウジ]
精神分析家、精神科医。山口大学医学部卒業後、自治医科大学で臨床に従事。その後、プレモントレ病院(フランス)に勤務しつつ、高等社会学院で精神分析を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

evifrei

18
フロイト自身によるフロイト理論の最高の解説書ではないだろうか。自己の理論を生み出しそれを礎石にしながら、精神分析の臨床的経験を解明していった経過を手に取る様に読むことができる。生物学的知見から遊離した記述も見られるが、フロイト理論への具体的な接近を可能にすると共に、経験からの分析者であり理論家でもあったフロイトの生きた姿を垣間見させる一冊だ。欲動は①対立物への反転②自分自身への方向転換③抑圧④昇華という結末を迎えるが、これらが快感原則や抑圧理論の基礎となっているという点を簡明に述べた点が特に興味深かった。2020/07/21

Mari

5
図書館2018/02/18

毒モナカジャンボ

0
第一次大戦期にフロイトが精神分析の包括的な方法論的枠組みを作ろうと奮闘した論文集。特に最初の5本の論文は論理の連環が流れるようにできている(どんどん難解になるが……)。愛-無関心はナルシシズムの第一段階たる自我-外界の成立、愛-憎しみは自我-外界に連関する快-不快の成立、愛する-愛されるは能動性-受動性の成立によってなされ、欲動はこの3要素に影響を受ける。原抑圧における抑圧された欲動の代理表象への抑圧、無意識の力動論的、局所論的、経済論的分析。だいぶわからなかった。2019/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12545589

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。