講談社学術文庫<br> 不安定からの発想

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

講談社学術文庫
不安定からの発想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 00時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062920193
  • NDC分類 538
  • Cコード C0140

内容説明

ライト兄弟はどうして大空を飛べたのか。それを可能にしたものは、勇気と主体的な制御思想だった。空が不安定なものであることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、自らが操縦桿を握ることで安定を生み出すのだと。それはわれわれの人生に重なる発想ではないか―。現代社会を生きる人々に航空工学の泰斗が贈る不安定な時代を生き抜く逆転の発想。

目次

1 飛行機安定への遠い路(まず飛行の志―安定の前に;飛行安定は精神の安定から―ケーリーの飛行機研究;飛行機安定の基本原理―それはヤジロベエにすぎない;不幸な天才―心の安定を失うとき ほか)
2 安定の思考(ヘリコプターは皿まわしである―不安定でも救いはある;コマは小宇宙である―自立安定の最低条件;過度の安定は悪である―強引な安定化は混乱のもと;安定なシステムは立ち上がりが悪い―おっちょこちょいの効用 ほか)

著者等紹介

佐貫亦男[サヌキマタオ]
1908~1997。東京帝国大学工学部航空学科卒業。東京大学教授、日本大学教授を務め、航空宇宙評論家、エッセイストとしても知られる。専攻は航空宇宙工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ライト兄弟はなぜ空を飛べたのか。そこには不安定を前提に、自らが制御するという思想と勇気があった。なぜライト兄弟は空を飛べたのか――
安定を捨てよ!
不安定なシステムをみずから操縦し、自由な大空へ飛び立て!

ライト兄弟はどうして大空を飛べたのか。それを可能にしたものは、勇気と主体的な制御思想だった。空が不安定なものであることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、自らが操縦桿を握ることで安定を生み出すのだと。それはわれわれの人生に重なる発想ではないか――。現代社会を生きる人々に航空工学の泰斗が贈る不安定な時代を生き抜く逆転の発想。

われわれは安定という表現を誤って理解し、誤って使用していたのではなかろうか。(略)われわれは人生を、また社会を、手放し飛行で飛んでいるのではない。われわれは自分を、会社を、政体を完全に、あるいは部分的でも操縦、すなわち、制御する能力があり、責任があり、可能性がある。そのとき、人生または社会が安定であることは望ましいが、たとえ不安定であっても希望はある。むしろ、不安定な人生や社会を乗りきろうとするときこそ、積極的に変革しやすいかもしれない。――<本書より>

※本書の原本は、1977年、ダイヤモンド社から刊行されました。

安定序説──安定に埋没するよりも積極的な制御へ
I 飛行機安定への遠い路
II 安定の思考
あとがき


佐貫 亦男[サヌキ マタオ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件