講談社文芸文庫<br> その言葉を/暴力の舟/三つ目の鯰

電子版価格 ¥1,826
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
その言葉を/暴力の舟/三つ目の鯰

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 359p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062902519
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

70年代の大学生「僕」が語る思想、暴力、そして「言葉」。本年度谷崎賞受賞作家の出発点を示す、瑞々しい最初期三部作。東京で三年ぶりに再会した、
故郷の俊才の変わり果てた姿「その言葉を」。
他人の怒りと攻撃性を誘発せずにはおかない、
風変わりな先輩との四年間「暴力の舟」。
父の葬式で一堂に会した親族たちの、
幼い頃は窺い知れなかったそれぞれの事情「三つ目の鯰」。
七〇年代の青春の一光景を映し出す、瑞々しい初期中篇三作。

その言葉を
暴力の舟
三つ目の鯰
著者から読者へ
年譜
著書目録


奥泉 光[オクイズミ ヒカル]
著・文・その他

内容説明

東京で三年ぶりに再会した、故郷の俊才の変わり果てた姿「その言葉を」。他人の怒りと攻撃性を誘発せずにはおかない、風変わりな先輩との四年間「暴力の舟」。父の葬式で一堂に会した親族たちの、幼い頃は窺い知れなかったそれぞれの事情「三つ目の鯰」。七〇年代の青春の一光景を映し出す、瑞々しい初期中篇三作。

著者等紹介

奥泉光[オクイズミヒカル]
1956・2・6~。小説家。山形県生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒。同大学院博士前期課程修了。現在、近畿大学教授。1986年「地の鳥 天の魚群」がすばる文学賞最終候補となる。93年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、瞠目反・文学賞、94年『石の来歴』で芥川賞、2009年『神器―軍艦「橿原」殺人事件』で野間文芸賞、14年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。