講談社文芸文庫<br> ザボンの花

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
ザボンの花

  • 庄野 潤三【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 講談社(2014/04発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 34pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062902281
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

生活を愛し慈しみ、多くの人の心をつかんだ庄野文学の「家庭小説」の始まりであり、のちに名作『夕べの雲』に発展していく長篇小説。生活を愛し慈しみ、多くの人の心をつかんだ庄野文学の「家庭小説」の始まりであり、のちに名作『夕べの雲』に発展していく長篇小説。

※本書は、講談社『庄野潤三全集 第二巻』(昭和48年8月刊)を底本としました。

庄野 潤三[ショウノ ジュンゾウ]
著・文・その他

内容説明

『ザボンの花』から庄野潤三独特の家庭小説が始まる。これは、著者にとって最初の長篇小説であり、麦畑の中の矢牧家は、彼がまさに創りつつある、新しい家庭であり、生活を愛し育んでいく本質と主張を、完成度の高い文学作品にしあげている。一生のうち、書くべき一番いい時に書かれ、やがて『静物』『夕べの雲』へ続く作品群の起点でもある。

著者等紹介

庄野潤三[ショウノジュンゾウ]
1921・2・9~2009・9・21。小説家。大阪生まれ。大阪外国語学校在学中、チャールズ・ラムを愛読。九州帝国大学卒。1946年、島尾敏雄、三島由紀夫らと同人誌を発行。教員、会社員を経て小説家に。55年、「プールサイド小景」で芥川賞受賞。57年から1年間、米国オハイオ州ガンビアのケニオン大学で客員として過す。60年、『静物』『絵合せ』で野間文芸賞を受賞。芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃちゃ

118
さわさわと稲穂を揺らして吹きゆく風、掃いたようなすじ雲、澄み渡る空。夏の残り香が漂う景色は見る者を切なくさせる。春夏秋冬、人間は自然の摂理に則って生かされている。日々の暮らしを家族と分かち合うことなくして、何を人生と言おう。昭和30年代、東京の近郊に暮らす矢牧家の春から夏の終わりまでの日常が、静かで飄々とした筆致で綴られた本作。行間に滲むユーモアや哀愁が、読む者の心をふわりと優しく包み込む。伸びやかに日々を楽しむ子どもたちの姿が愛おしい。ひとつの季節の終わりは、命を繋ぎゆく希望を含んでしみじみと美しい。2020/09/07

森の三時

33
昭和30年代、大阪から東京の郊外(この頃は東京と言えども隣の家まで畑を挟むというような田舎があったんですね)に引っ越してきた家族の日常の暮らしがつづられた、エピソード集のような展開です。このエピソードが本当に何でもないようなことばかりなのですが、今ではかえって貴重に思えるほど、ほのぼのとした幸福感を読者に与えます。この本はある程度人生経験を重ねた人、子ども時代を昭和で過ごした人にとって懐かしさや安らぎを感じさせてくれるように思いました。2021/06/30

Atsushi

29
昭和30年代、東京郊外に暮らす若い夫婦と3人の子どもたち。春から夏の終わりまでの季節の移ろい。日々の暮らしや風景の描写が丁寧だ。麦畑の一本道を歩く兄妹の姿が目に浮かんだ。祖父から父へ、息子から孫へ、時は流れる。実家に帰省し遺品を前に亡父に思いを馳せるシーンが印象的だった。2021/09/05

ほし

19
昭和三十年に連載されたこの作品では、東京の郊外で住む家族を舞台とした、日常のささやかな話が語られています。それは本当に素朴な話なのですが、生き生きとした子ども達や、豊かな自然風景の描写がとにかく素晴らしく、読んでいるとぼくが知りもしない当時へとタイムスリップし、その場に居合わせているかのように感じるほど引き込まれました。ただ単に平和な日常、というだけでなく、その背後には何とも言えない人間の儚さが感じられるところがあり、だからこそ素朴な平和さが重みを持って立ち現れているように思いました。すごく好きです。2020/03/16

Kei.ma

15
この本を丸善で見つけたとき、声を抑えて小躍りした。サッちゃんで有名な坂田寛夫さんの生涯を綴った本を読んで、この詩人とその家族にとって庄野潤三さんのザボンの花がかけがえのないものと心に刻まれていたから。貪るように読む。すると記憶にないはずの昭和の風景が徐々にぼうぼうと浮かんできて心が和む。遠く過ぎ去った時代の日本の子らの工夫された遊びに思わず背筋が伸び手足がバタバタと動く。そして、「ひばりの巣は探してはいけない」という一文に読者は昂り、同時に坂田さんのこの作家への思いの訳を知った。2021/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7991663

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。