講談社文芸文庫<br> 猛犬 忠犬 ただの犬

電子版価格 ¥1,672
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
猛犬 忠犬 ただの犬

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062901840
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

こよなく動物と自然を愛し続けた著者の自伝的小説。
少年から青年へと成長していく過程でさまざまな犬との出会いと別れを綴った作品。

※本書は、『戸川幸夫動物文学全集15』(1977年5月、講談社刊)を底本としました。

戸川 幸夫[トガワ ユキオ]
著・文・その他

内容説明

「動物文学」というカテゴリーを確立し、国民の支持を得た戸川幸夫の原点ともいうべき自伝的小説。もの心つく前から動物好きであったという著者が、さまざまな気質の犬と育った九州の幼い頃から、運命的な犬との出会いをする旧制高校時代までを、愛情を持った動物への的確な観察眼で描き切る。それは犬への鎮魂歌であると共に己の成長の証であった。

著者等紹介

戸川幸夫[トガワユキオ]
1912・4・19~2004・5・1。作家。佐賀県生まれ。1936年山形高等学校を中退し、東京日日新聞社入社。フィリピン、台湾、沖縄と海軍報道班員として従軍。戦後は社会部部長などを歴任するが、長谷川伸の新鷹会に入会、55年「高安犬物語」で直木賞を受賞し本格的執筆活動に入る。犬を中心とした動物ものを書き続け、動物文学のジャンルを確立する。また、65年にはイリオモテヤマネコの発見に大きな功績を残す。80年紫綬褒章受章。86年勲三等瑞宝章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

tk7767

1
ハチ公のエピソードがおもしろかった。戸川幸夫は小学校の時の教科書以来だなぁ。2014/11/11

トモ。

1
著者の子ども時代~社会人までの生活についてのエッセイ。著者の家はお金持ちのようで、子どもの頃から犬を飼っており、著者が触れ合ってきた歴代の犬についても語られる。時代がそうなので仕方がないのかもしれないが、犬の扱い方にびっくりした。放し飼いが基本で、「どこかにぶらりと行ってしまった」ので消息が不明の犬多数。去勢せず、任せるままにしていたら犬が子どもを産み過ぎて「母犬をどこかにやってしまおう」という提案など。うーん…昔はこうだったんだろうなぁ、仕方がないよなぁ、と思うもちょっと寂しくなってしまった。2013/03/03

kambashig

0
すごい名犬が出てくるわけではなく、犬とのつきあいも案外あっさり。大正から昭和初期の暮らしぶりの描写が詳しく、興味深い。2014/10/20

fuchsia

0
著者の動物への愛情は並々ならぬものが伝わってくるが、基底には「すぐに離別する」という意識があるのかとも思う。近所のこどもたちやねえやなどに関する記述もわざわざ「現在は音信不通」とあるところでそう思った。2013/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5682136

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。