• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
花月五百年―新古今天才論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062901802
  • NDC分類 911.135
  • Cコード C0195

出版社内容情報

古今集から第21代集まで五百年にわたる勅撰集収録作約三万五千首から現代人の記憶に値する歌を勘案して選び抜き、書き上げた名著。

古今集から第21代集まで五百年にわたる勅撰集収録作約三万五千首から現代人の記憶に値する歌を勘案して選び抜き、書き上げた名著。

内容説明

最古の勅撰集・古今和歌集から新続古今和歌集まで、五百年にわたる二十一代集収録約三万五千首から、現代人の記憶に値する歌、真の秀歌を熟慮勘案、再選三選した二百首を論じる「花月五百年」。永年の関心の的であった天才歌人・定家の側面を抉り、茂吉の削除歌から定家嫌いの真意を衝く「新古今天才論」。全集未収録の幻の歌論、正字正仮名で校訂された、決定版。

目次

1 新古今天才論(無月記―人の子の父・定家;帝王詩形考―新古今集と後鳥羽院;袖に玉散る;嵐も白き;春の形見;寄水

著者等紹介

塚本邦雄[ツカモトクニオ]
1920・8・7~2005・6・9。歌人、評論家、小説家。滋賀県生まれ。歌誌「日本歌人」(前川佐美雄主宰)に入会。1951年、『水葬物語』で歌壇に登場。60年、岡井隆、寺山修司等と「極」を創刊。85年、歌誌「玲瓏」主宰。反リアリズムの前衛短歌の雄として精力的に活動。『日本人靈歌』で現代歌人協会賞、『詩歌變』で詩歌文学館賞、『不變律』で迢空賞、『黄金律』で斎藤茂吉短歌文学賞、『魔王』で現代短歌大賞を各々受賞。97年、勲四等旭日小綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みあ

78
塚本邦雄氏が二十一代集の中から名歌を200首選んだ「二十一代集名歌 二百選」を始めとして新古今集から現代の歌に対する熱い思いを綴った随筆集。丸谷才一氏の『新々百人一首』を彷彿とさせるが、重なっている歌は崇徳院の一首だけのように思われる。塚本氏は批評家としても一流である。そして評論こそがモダニズム文学の要であり、『新古今和歌集』も一種のモダニズム文学である。定家、後鳥羽院、式子内親王、良経、西行ら綺羅星の如く輝いた天才歌人達。彼らに対する畏怖心のようなものを感じる名著であると思う。2018/06/09

双海(ふたみ)

13
講談社文芸文庫は、表紙が簡素で美しい。色合いも好きだ。「花月五百年」とはまた壮大なタイトルだ。最古の勅撰集である古今集から新続古今和歌集まで500年にわたるあまたの歌を渉猟、永遠性を秘めた秀歌を掬い上げる。2018/02/02

xin

0
新古今集を中心とした王朝の和歌の「評論」。2013/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5513585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。