講談社文芸文庫<br> ゴーストバスターズ―冒険小説

個数:
電子版価格 ¥1,771
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
ゴーストバスターズ―冒険小説

  • 高橋 源一郎【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 講談社(2010/04発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 02時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 403p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062900836
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

謎のゴーストを探して、命知らずの二人のガンマンがアメリカ横断の旅に出る。新時代を告げる痛快無比な旅小説。時空を超え夢と現を超え疾走する痛快無比なる小説

謎のゴーストを探し求めてアメリカ横断の旅に出るブッチ・キャシディとサンダンス・キッド。そしてBA-SHOとSO-RAもアメリカを旅し、「俳句鉄道888」で、失踪した叔父を探すドン・キホーテの姪と巡り合う。東京の空を飛ぶ「正義の味方」超人マン・タカハシは、ついにゴーストからの呼び出しを受ける……。隠されたゴーストの正体とは? 時空を超え、夢と現を超え、疾走する冒険小説。

奥泉光
小説とは何か。小説はなぜ小説でなければならないのか。小説を書くことが、同時に小説というジャンルの秘密を探求する営みとなる。(略)「ゴーストバスターズ――冒険小説」は、小説というジャンルへの問いの痕跡がはっきりとみてとれる小説である。高橋源一郎はここで、自分が実際に書くことで、小説――とりわけ長編小説の秘密に迫ろうとしている。――<「解説」より>

I アメリカ横断
II 反歌──奥の細道
III アメリカ再横断
IV 俳句鉄道の夜
V 俳句鉄道888
VI わたしの愛したゴジラ
VII ペンギン村に陽は落ちて
VIII 俳句鉄道の夜
IX 冒険
著者から読者へ


高橋 源一郎[タカハシ ゲンイチロウ]
著・文・その他

内容説明

謎のゴーストを探し求めてアメリカ横断の旅に出るブッチ・キャシディとサンダンス・キッド。そしてBA‐SHOとSO‐RAもアメリカを旅し、「俳句鉄道888」で、失踪した叔父を探すドン・キホーテの姪と巡り合う。東京の空を飛ぶ「正義の味方」超人マン・タカハシは、ついにゴーストからの呼び出しを受ける…。隠されたゴーストの正体とは?時空を超え、夢と現を超え、疾走する冒険小説。

著者等紹介

高橋源一郎[タカハシゲンイチロウ]
1951・1・1~。小説家。文芸評論家。広島県生まれ。灘中高校時代、詩・演劇に興味をもつ。横浜国立大学経済学部在学中、学生運動で逮捕され拘置所を体験。以後10年、肉体労働に従事。1981年、『さようなら、ギャングたち』が群像新人長篇小説賞優秀作に選ばれデビュー、吉本隆明に絶賛される。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、2002年、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞を受賞。言葉、革命、性をテーマに現代文学の前衛として、詩、翻訳、競馬評論など多彩に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。