扶桑社文庫
日本怪死人列伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594045586
  • NDC分類 916

内容説明

「死人に口なしだが、証拠は残る。」「決定的な死因、最重要な死因はひとつなのだ。それを私は、懸命に探し出す。新たに得られた証言と、事実の片鱗を示唆している証拠、それに自分自身の経験と知識から私はこの十二の事件の真相を推論することにした。」力道山からオウム・村井秀夫、新井将敬、尾崎豊まで、多くの謎を秘めた12の怪死事件に、「名探偵」安部譲二の推論が鋭く迫る。“テレビ・新聞が報じ得なかった”戦後史の深淵にも果敢に挑む快書。

目次

第1章 朝日新聞阪神支局襲撃事件
第2章 新井将敬
第3章 下山事件
第4章 永野一男(豊田商事会長)
第5章 尾崎豊
第6章 田宮二郎
第7章 力道山
第8章 村井秀夫(オウム真理教幹部)
第9章 帝銀事件
第10章 元大鳴戸親方
第11章 ロッキード事件(田中総理運転手・笠原正則)
第12章 御巣鷹山の五百二十人

著者紹介

安部譲二[アベジョウジ]
本名・安部直也(あべ・なおや)。1937年東京・五反田生まれ。プロモーター、キックボクシングの解説者、日本航空パーサーなどを経て、現在は小説家