• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
原点が存在する―谷川雁詩文集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062900676
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0193

内容説明

五〇年代に彗星のように現れ、「東京へゆくな」「自我処刑」等、強い磁力をもつ魔術的な詩語を駆使した“メタファー詩人”谷川雁。また、「サークル村」に拠り、六〇年安保闘争、大正行動隊のカリスマ的オルガナイザーとして活動、「原点が存在する」等、自立した民衆のコンミューンを志向する先駆的評論を残す。六〇年、「『瞬間の王』は死んだ」と記し、突如詩作を止める―。激しく時代を駆け抜けた詩人思想家の詩、評論、随筆四〇篇。

目次

第1部 詩(『伝達』より;『大地の商人』より;『天山』より)
第2部 評論(「母音」から「サークル村」へ;三池闘争・大正炭鉱闘争;「沈黙」から「復活」へ)

著者等紹介

谷川雁[タニガワガン]
1923・12・16~1995・2・2。詩人、評論家、労働運動家。熊本県生まれ。東京帝国大学文学部卒。西日本新聞社入社。1947年、日本共産党入党、労働争議を指導して解雇される。48年、丸山豊を中心とする詩誌「母音」参加。54年、第一詩集『大地の商人』刊行。58年、筑豊にて上野英信、森崎和江らと「サークル村」創刊、評論集『原点が存在する』刊行。60年、自著あとがきで詩の断筆を宣言。安保闘争、炭鉱争議にオルガナイザーとして関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件