講談社文芸文庫<br> 京伝店の烟草入れ―井上ひさし江戸小説集

電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
京伝店の烟草入れ―井上ひさし江戸小説集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062900461
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

この手でお天道様を拵える、それが出来たら死んでもいい…若い花火師の野望と、権力に屈し筆を折った戯作者の苦い矜持が作り出す一瞬の美―知られざる名篇「京伝店の烟草入れ」。弾圧を躱し強かに生きた戯作者達の肖像を、地口、洒落等技巧の限りを尽して描く『戯作者銘々伝』より、式亭三馬、唐来参和等八篇。硬直した時代の価値観を強靭な笑いと反骨精神で痛撃、“昭和の戯作者”と称された作家の原点ともいうべき初期秀作集。

著者等紹介

井上ひさし[イノウエヒサシ]
1934・11・16~。小説家・劇作家。山形県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。浅草フランス座文芸部を経て、戯曲・テレビ脚本で頭角をあらわす。70年代から小説にも手を染め、72年、「手鎖心中」で直木賞を受賞。以後、小説戯曲双方で話題作を発表、戯曲『しみじみ日本・乃木大将』『小林一茶』で紀伊國屋演劇賞、読売文学賞(戯曲部門)を、『吉里吉里人』で日本SF大賞、読売文学賞(小説部門)を、『腹鼓記』『不忠臣蔵』で吉川英治文学賞を、「シャンハイムーン」で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。84年より劇団「こまつ座」を主宰、87年、郷里山形県川西町に蔵書を寄贈して開館した「遅筆堂文庫」を拠点に「生活者大学校・農業講座」を開校する等、多方面に活動し、2001年、「知的かつ民衆的な現代史を総合する創作活動」で朝日賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

onasu

7
井上ひさし氏の文章は、いいですね。  山東京伝とあって欠かせないのは、江戸の板元蔦屋重三郎。たまたま手にして、めくってみると、当然おられる、ご一行さま。先日読んだ島田氏の「写楽」とは、また異なる蔦重さんたち。最近、お気に入りです。  続いては、戯作者銘々伝。江戸の有名無名の戯作者たちを、係わりのあった者が語っていく。戯作者仲間だったり、弟子であったり。語るスタイルも、最後のオチも実に巧妙です。  あとがき、解説にもありますが、著者は江戸の戯作を愛して止まない。その愛が感じられる一冊でした。2013/02/09

ArenasR

3
独白体の、最後にどんでん返しという構成の小品が続くと、正直少し飽きてくる部分はある。小説よりは、一人舞台で観たい感じもする。しかし、江戸の花火師、版木の彫り師、職人の技や心意気なんといきいきと描かれていることだろう。そこにぞくぞくしたし、それに井上ひさしの原点ともいえるという、黄表紙にもとても興味がわくな。2016/01/30

あくび虫

2
面白かったです。ひとつひとつの作品が物凄く慈しまれている感じがする。どれも素直には終わらないところが堪らない。不協和音を響かせるみたいにして締めくくられるのが、どうにも癖になります。2018/06/12

キリアイ

0
井上ひさし自体読むのが久々だったが、戯作者銘々伝はミステリー仕立てというか。最後にどれもどんでん返しがあって…。元々は独白形式はあまり好きじゃないのだが、面白かった。また、表題作は寂しいんだけど、あっけらかん?としていて、オチがとても良いと思った…。江戸の戯作者は知らなかったのだが、興味を持った…。2013/11/04

0
有名・無名の戯作者を取り上げて想像力を駆使して紡がれる人間模様。作者の対象に対する視点の細やかさが堪能できる短編集。江戸もの好きにもお薦めの一本。2010/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。