講談社現代新書<br> 天皇家のお葬式

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
天皇家のお葬式

  • 大角 修【著】
  • 価格 ¥907(本体¥840)
  • 講談社(2017/10発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • 提携先に83冊在庫がございます(2017年12月18日 04時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062884501
  • NDC分類 210.094
  • Cコード C0221

内容説明

日本で初めて火葬された天皇といえば?明治天皇陵をめぐる東京vs.京都の暗闘とは?古代から近現代まで「2700年」をこの一冊で!

目次

はじめに―時代の変化を映す天皇の葬儀
天皇の葬儀に関する用語
明治天皇陵と明治神宮の創建―京都と東京の「都」争い
古代の天皇の葬儀―古墳時代から平安時代まで
中世の天皇の葬儀―鎌倉・室町時代
近世の天皇と葬儀―江戸時代
尊皇の潮流―王政復古への道
山陵の復活と孝明天皇陵―古代神話の再生
近代国家の天皇―象徴への道
明治天皇の大葬―モダン化する伝統
大正天皇の生涯と大葬―東宮御所のニューファミリー
昭和天皇の時代―大戦を超えて
昭和天皇の大葬―新憲法のもとで

出版社内容情報

【古代から近現代までの「2700年」をこの一冊で!】

日本で初めて火葬された天皇といえば?

江戸時代までは仏式なのに、明治以降はなぜ神式なのか?

明治天皇陵をめぐる東京vs.京都の暗闘とは?

昔の喪服の色は白。現在の黒に変わったのは、
明治天皇の葬儀がきっかけだった。

天皇の葬儀は時代の変化を映す。

その変遷をたどることは、
日本の歴史を知ることでもある――。


--------------------
そもそも、天皇の葬儀のかたちは、時代によってさまざまであった。

日本で初めて火葬されたのは持統天皇である。

その後、聖武天皇以降は土葬に戻ったが、
淳和天皇の時は遺言によりふたたび火葬になり、
しかも初めて散骨されている。

また、明治天皇以降、葬儀は神式で行われ、
いまでこそ神式が当然のように思われているが、
孝明天皇(江戸時代)までは
菩提寺(泉涌寺)で仏式によって行われていた。

なぜ、仏式から神式に変わったのか?

本書では、古代からの天皇の葬儀の変遷をたどりながら、
その時代背景や時代の変化について論考する。


--------------------
【本書のおもな内容】

はじめに 時代の変化を映す天皇の葬儀
第1章 明治天皇陵と明治神宮の創建――京都と東京の「都」争い
第2章 古代の天皇の葬儀――古墳時代から平安時代まで
第3章 中世の天皇の葬儀――鎌倉・室町時代
第4章 近世の天皇と葬儀――江戸時代
第5章 尊王の潮流――王政復古への道
第6章 山陵の復活と孝明天皇陵――古代神話の再生
第7章 近代国家の天皇――象徴への道
第8章 明治天皇の大葬――モダン化する伝統
第9章 大正天皇の生涯と大葬――東宮御所のニューファミリー
第10章 昭和天皇の時代――大戦を超えて
第11章 昭和天皇の大葬――新憲法のもとで
おわりに 皇室の今後

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件