講談社現代新書<br> 損したくないニッポン人

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
損したくないニッポン人

  • 高橋 秀実【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2015/09発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 40pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 285p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062883351
  • NDC分類 331
  • Cコード C0236

出版社内容情報

「損したくない」「出遅れたくない」と行動して損してしまうニッポン人が多すぎない? あの高橋秀実が真面目に考えた行動経済学の裏愛妻から「あなたは貧乏じゃなくて、貧乏くさいのよ?」と罵倒されて、高橋さんは気がついた。「せこいのか、オレ?」。確かに地元のスーパーを回ると、安売りセール、タイムセールに駐車料金1000円以上割引とか考えだして、結局、お米ひとつ買えない。安いガソリンを求めて何時間も並んでしまう。家電の寿命を考えているうちに、大型TVを選べない。一方で、「エコだ節約だ」「ポイント集めて賢く」と騒ぐ普通のニッポン人に、胡散臭さを感じてしまう。オレたちニッポン人は、損したくないと思って行動してるうちに、実は大損していないか?
そもそも、損と得とはなんなのか? ものの値段とはなんなのか? 貨幣とは? 福沢諭吉、二宮尊徳、土地の値段を決める人から、デリバティブの金融最前線で戦う人、中華街のあやしい占い師、銭洗弁天まで訪ね歩くタカハシさん。損得にこだわる今のニッポン人の行動について、タカハシさんがたどり着いた驚愕の結論とは?
ムック『セオリー』連載時から話題を呼んだ、爆笑ノンフィクション作家の「行動経済学研究」。

序    景気はどうかね?
第1章 知っていると損をする
第2章 俺の行動経済学
第3章 家電デモクラシー
第4章 経済の真意
第5章 「得」と「徳」
第6章 定価のゆくえ
第7章 エイヤっと不動産
第8章 ドメドメなリスクヘッジ
第9章 貨幣に溺れる
第10章 地獄の住み心地 
第11章 しあわせ勘定
第12章 玉手箱の中身
あとがき 出遅れたくない


高橋 秀実[タカハシ ヒデミネ]
著・文・その他

内容説明

読めば気分が「得」になる。節約、通販、不動産、リスクヘッジ、おカネ、家電、結婚、人生…経済学だって貧乏くさい!いつからニッポン人は「損したくない」病に支配されて、損するようになったのか。

目次

知っていると損をする
俺の行動経済学
家電デモクラシー
経済の真意
「得」と「徳」
定価のゆくえ
エイヤっと不動産
ドメドメなリスクヘッジ
貨幣に溺れる
地獄の住み心地
しあわせ勘定
玉手箱の中身

著者等紹介

高橋秀実[タカハシヒデミネ]
1961年横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒業。テレビ番組制作会社を経てノンフィクション作家に。「ご先祖様はどちら様」で小林秀雄賞、『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

151
今日一番の下値を探してスーパーを歩き回ったり、駐車場代を無料にするために、もう少し買ったり。翌日には更に安くなっており、全く特をした気分にならない。人は損得に振り回されている。…本書はそこから損、特、徳を深く考察する。定価とは不動産価格とは何か。貨幣とはそもそも何か。…損をしたくないと、皆が口癖になっている。損を知り損切りをしなければ、特は生まれない。今が過ぎ去り、何が損だったかと振り返ってみると、その都度感じていたことが、意外と徳であったような気がしてくる。人生は失われていく。しかしそれ以上に得ている。2020/08/30

ねむねむあくび♪

77
「損得勘定は、損得感情」には納得。男は損する体質、には笑ってしまう。ジェンダー論者では無いけれど、日本はとてつもなく男性社会なのに。私たち女性はしなやかに生きてる人のほうが多い気はするが、損得で生きてる人が男性よりも少ないのかもしれない。わざわざ考えた事もないがw。損得を考えるよりも、損得を超えた「徳」や「愛」が、結局のところ大切なのだ。2021/12/09

おかむら

38
高橋さんが話を聞く人(ポイントを効果的にためまくる主婦、エコな暮らしにこだわる主夫、40インチのテレビを勧める店員などなど)はとても面白いのだけど、高橋さんの考察の部分が、この人の持ち味なんだけど、やや読むのが億劫になっちゃう部分があったなー。2016/03/31

おいしゃん

31
軽妙な髙橋節炸裂の、損得にまつわるエッセイ集。絶妙に経済学が混ぜられているのが、また普通のエッセイとはひと味違う。2019/05/11

あんこ

18
スパゲティの底値を調べるべく、地元のスーパーを巡る高橋さん。駐車場代を無料にするため欲しくもないものを買い足し、挙句時間超過で有料に。あるある!とケラケラ笑いながら読んでたのに、不動産、貨幣、経済とどんどん話は拡大し、最後の最後でホロリときた。2016/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9847167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。