講談社現代新書<br> 福島第一原発事故 7つの謎

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

講談社現代新書
福島第一原発事故 7つの謎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月24日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 318p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062882958
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0200

出版社内容情報

東京電力 吉田昌郎・福島第一原発所長が生前に残していた謎の言葉。原発事故の検証報道で独走するNHK取材班が7つの謎に迫る東京電力 吉田昌郎・福島第一原発所長は、食道がんで亡くなる直前、周囲の人間に「自分は、1号機のベントが本当に成功したかどうか、確信が持てない」と繰り返し述べていたという。成功したとされている1号機のベント。吉田氏はなぜこのような謎めいた言葉を遺していたのか? 福島第一原発事故から3年が経ったにもかかわらず、いまなお多くの謎が残され、事故の検証作業はまだ途上にある。
 福島第一原発事故の検証報道で独走するNHKメルトダウン取材班が、500人以上の関係者取材、政府事故調・吉田調書や東電内部の極秘メモなど超一級資料などを駆使して、未解明の7つの謎に迫るミステリー・ノンフィクション。

はじめに
第1章 1号機の冷却機能喪失は、なぜ見逃されたのか?
第2章 ベント実施はなぜかくも遅れたのか?
第3章 吉田所長が遺した「謎の言葉」ベントは本当に成功したのか?
第4章 爆発しなかった2号機で放射能大量放出が起きたのはなぜか?
第5章 消防車が送り込んだ400トンの水はどこに消えたのか?
第6章 緊急時の減圧装置が働かなかったのはなぜか?
第7章 「最後の砦」格納容器が壊れたのはなぜか?
【特別編】東京電力原発トップが語る福島第一原発事故の「真実」


NHKスペシャル『メルトダウン』取材班[NHKスペシャル メルトダウンシュザイハン]
著・文・その他

内容説明

福島第一原発事故から3年経ってなお次々に浮かび上がる謎…。原発事故の検証報道で独走するNHK取材班が掴んだ衝撃の事実とは。500人を超える関係者取材、政府事故調・吉田調書、東京電力極秘メモなどを駆使した執念の調査報道で読み解く、福島第一原発のミステリー。

目次

第1章 1号機の冷却機能喪失は、なぜ見逃されたのか?
第2章 ベント実施はなぜかくも遅れたのか?
第3章 吉田所長が遺した「謎の言葉」ベントは本当に成功したのか?
第4章 爆発しなかった2号機で放射能大量放出が起きたのはなぜか?
第5章 消防車が送り込んだ400トンの水はどこに消えたのか?
第6章 緊急時の減圧装置が働かなかったのはなぜか?
第7章 「最後の砦」格納容器が壊れたのはなぜか?
特別編 東京電力原発トップが語る福島第一原発事故の「真実」

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

James Hayashi

32
事故後に多くの謎が残っており、それを解明し検証していく事は未来に運転するしないに関わらず必要であり、これは現段階での真相に迫る希少価値のあるモノ(未解明であるが)。他の書からは吉田所長のリードにより最悪のケースにならずに済んだという見解があるが、この本からは異なる見解が見て取れる。安部首相がリオ五輪でunder control などと言っているが、原発は人間の手中には収まっていない。不測の事態に対応できず、再稼働していくのだろうか?2019/07/08

壱萬弐仟縁

29
謎に丁寧に向き合い、粘り強く解明して教訓を得ていくしかない(7頁)。スクラムとは、原子炉の核分裂反応を止めるため制御棒と呼ばれる装置を原子炉に挿入すること(17頁)。現場は免震棟と中央制御室(42頁)。IC機能停止の見過ごしに潜む問題を防ぐには、記録を読み解き、関係者の声に耳を傾け、教訓を導くのみ(53頁)と反復される。ベントは格納容器の圧力上昇時、壊れるのを防ぐための最終手段。内部圧を下げるが、外部に放射性物質入りの気体を意図的に放出(64頁)。2015/02/02

リキヨシオ

24
地震と津波による電源喪失で1時間後には緊急対応マニュアルにない異常事態が起きていたのは驚きだ。政府、本店、現場による事故後の対策がマニュアルに想定されてない事態ですべてが裏目に出る結果…この作品で取り上げられた7つの謎は、1・1号機の冷却機能喪失が何故見逃されたのか。2・ベント実施は何故遅れたのか。3・ベントは本当に成功したのか。4・爆発しなかった2号機で放射大量放出が起きたのは何故か。5・消防車による4百トンの水はどこに消えた。6・何故緊急時の減圧装置が働かなかったのか。7・格納容器が壊れたのは何故か。2015/10/30

coolflat

19
吉田所長らがいたから福島原発事故はこの程度ですんだという論が一般的になっているが、違うということ。むしろ吉田所長らのように原発の仕組みを細部まで知らなかった人達が原発に携わっていたからこそ、福島原発事故はレベル7もの過酷事故になったという事だ。特に1号機のICの問題は典型的だ。津波直後から動いていなかった事に、誰一人気付かなかった。ICが止まっている事に気づくチャンスを何度も見逃しているのだ。1号機のメルトダウンを防げば、その後の展開は大きく変わっていた。少なくともレベル7もの過酷事故になる事はなかった。2016/05/03

まーぶる

10
NHK取材班によるインタビューをもとにした事故の検証。事故の時よく耳にした「ベント」がどういったものだか、やっとちゃんとわかったし、どのような問題が起きていたかもだいたいわかった。問題の原因を詳細に説明する技術的なことは素人には難しく、このあたりは原発に関わる人皆がちゃんと理解しておいて、教訓としてほしい。想定の範囲を何もかも超えていたのは事実だが、やはり人間が制御できないものを地震大国日本で使うべきではないと思う。それでも現場の人がそれこそ命懸けで事態の収束のため働いていたことには本当に感謝しかない。2018/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9013502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。