講談社現代新書<br> JAL再建の真実

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
JAL再建の真実

  • 町田 徹【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 講談社(2012/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月16日 08時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062881760
  • NDC分類 687.067
  • Cコード C0265

内容説明

JAL再建は本物か?実質的な破綻をスクープしたジャーナリストだからこそ書ける、再上場の功罪を問う。

目次

第1章 隠れ破綻(傲慢な内容証明郵便;個人を狙い打ちした露骨な意図 ほか)
第2章 “最後の社長”西松遥の闘い(頑固一徹の経理部長;三代目の生え抜き社長・近藤晃の“遺言” ほか)
第3章 引き金を引いた前原国土交通大臣(民主党政権の誕生;前原誠司・国土交通大臣の資質 ほか)
第4章 プレパッケージ型法的整理と稲盛和夫(海外支店長たちの陳情;過去最大の倒産劇 ほか)

著者等紹介

町田徹[マチダテツ]
1960年、大阪府生まれ。神戸商科(現兵庫県立)大学商経学部卒業後、日本経済新聞社入社。経済部キャップ、ワシントン特派員などを歴任、雑誌編集者を経て、独立。取材・執筆活動の傍ら、総務省タスクフォース委員や甲南大学講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

緊急出版! JALは本当にV字回復を果たしたのか。経営破綻の実態をスクープしたジャーナリストが再上場の功罪を徹底的に分析。“折れた翼”は本当にV字回復を果たしたのか――。
2010年1月に会社更生法の適用を申請し、経営破綻した日本航空(JAL)が、わずか2年で史上最高となる2000億円超の営業利益(2012年3月期決算)を計上し、この9月には再上場を果たす。
会社更生法適用申請の3年以上前に、すでに経営破綻の実態を週刊誌・月刊誌誌上でいち早くスクープした著者が、バランスシートを徹底的に分析。見違えるほど健全な会社に生まれ変わった内実に迫るとともに、2兆3000億円もの負債を抱え込んだ旧体制の悪弊をあらためて検証する。
一方、いち私企業を救うために講じられた「法的整理」という異例の措置が大きな副作用を残したことも見逃せない。安易な政府支援が、ライバルの全日空(ANA)を危うくしているだけでなく、市場や行政の信頼を大きく損ねているからだ。
親方日の丸企業の象徴的存在であったJALの破綻と再生の功罪を問う、緊急出版!

第1章 隠れ破綻
第2章 “最後の社長”西松遥の闘い
第3章 最後の引き金を引いた前原国土交通大臣
第4章 プレパッケージ型破綻と稲盛和夫


町田 徹[マチダ テツ]
著・文・その他