講談社現代新書<br> なぜフランスでは子どもが増えるのか―フランス女性のライフスタイル

電子版価格 ¥770
  • 電書あり

講談社現代新書
なぜフランスでは子どもが増えるのか―フランス女性のライフスタイル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062880527
  • NDC分類 367.235
  • Cコード C0236

内容説明

女性がハッピーな国は子どもも増える!?その真相を歴史的背景から解き明かす。

目次

第1章 フランス人は「セックスレス知らず」か?
第2章 「恋愛大国」だから子どもが増える?
第3章 フランスにはなぜ専業主婦がいないのか?
第4章 婚外子が多いと子どもは増えるのか?
第5章 フランス人たちはなぜカップルになれるのか?
第6章 フランスは少子化対策に成功したのか?
終章 フランスから何が学べるのか

著者等紹介

中島さおり[ナカジマサオリ]
翻訳家・エッセイスト。1961年東京生まれ。早稲田大学、学習院大学大学院を経て渡仏。現在はパリ近郊で暮らす。2006年、『パリの女は産んでいる―『恋愛大国フランス』に子供が増えた理由』(ポプラ社)で、第五四回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雨巫女。

10
フランスは、結婚というシステムを無理に強要しないのがいいのかも、2011/03/07

akinbo511

7
日本で言われている、フランスで出生率が高くなった理由とは少し違う事情があるみたいです。フランスの恋愛(不倫?)の歴史や、福祉、税法の変遷などに絡めて、女性の置かれている立場を19世紀あたりから見渡していて、知らなかったことばかりで興味深かったです。ただ、少し難しかった。 2015/10/31

amamori

7
つくづく日本社会って ゆがんでるなあと溜息。女性が「家庭に入る」なんて言葉はフランスにはなさそう。出産しても「母親」という役割にのみ閉じ込められるわけではなく 気楽に子供がつくれる、離婚が簡単だから かえってカップルがふえる、などなど 日本の保守オヤジ的発想からすると逆説的な結果。「母親」を表では礼賛しつつ裏では多大な犠牲を強いる母性神話こそが やっぱり日本の少子化の主因ではないのだろうか。2011/02/07

kinoko-no

3
フランスは子供が生みやすく、育てやすいと聞くがなぜだろうかと手に取った本。宮廷の恋愛観から、世界大戦後に執られる多種多様な手当てなど歴史からもその理由を提示してくれているので厚みをもって見えてくる。フランスと全く同じようにはできないが、「結婚」の重圧がすくない「パクス」や社会政策でセイフティネットを整備することがカップルを増やし出産がしやすい環境を整えるのでは?と作者。女性が自分自身で避妊コントロールをすることの重要性についてもメモ。2011/05/13

ニョンブーチョッパー

2
2013/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/588930

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。