講談社・文学の扉<br> それぞれの名前

個数:
電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社・文学の扉
それぞれの名前

  • 春間 美幸【著】
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • 講談社(2015/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 07時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062832335
  • NDC分類 K913

内容説明

チカとユカはそっくりな双子で、ユカは髪型も服も、歯ブラシだってチカといっしょでいいって思ってるんだけど、最近、チカは千代田君には、自分がチカだって見分けてもらいたい。千代田君と仲良しの小黒君はクラスで飼っている金魚の名前をつけるのに苦労していて、やっぱり仲良しの葉月君は、友だちや先生の名前を変えて物語を書くのに夢中。千代田君の幼なじみのモエちゃんは、千代田君から「おれのことも自分のことも下の名前で呼ぶな」って怒られて口癖を直そうとしてて、そんなえらそうな千代田君は、自分の下の名前が気に入っていないみたい…。みんな、自分の下の名前って、気にならない?第55回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。小学上級から。

著者紹介

春間美幸[ハルマミユキ]
神奈川県生まれ。『それぞれの名前』で、第55回講談社児童文学新人賞に佳作入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

そっくりな双子は好きな人に見分けてほしい。自分のこと下の名前で呼んだら変? 自分の下の名前が嫌い……。みんな気になる名前の話

双子の妹のユカは、見た目がそっくりな姉のチカと髪型や服だけじゃなくて、歯ブラシまでいっしょだってかまわないと思っているんだけど、チカのほうは千代田君に、パッと見ただけで、ちゃんとチカだってわかってもらいたい。
千代田君と仲良しの小黒君はクラスの金魚の名前をつけるのに苦労していて、葉月君は授業中にぼんやりしてると思ったら、先生やみんなのことを名前を変えてオリジナルの小説にしてたんだ。
モエちゃんは、幼なじみの千代田君に、「自分のことを下の名前で呼ぶなんて子どもみたいだからやめろ」って言われて、「モエは~」っていう口ぐせを直そうとしていて、そんなことをえらそうに言う千代田君は、自分の下の名前が気に入っていないみたい……。
みんな、名前のことって、気にならない?

【著者紹介】
神奈川県生まれ。本作『それぞれの名前』で第55回講談社児童文学新人賞に佳作入選。アンソロジー『タイムストーリー 1日の物語』(偕成社)に作品が収録されている。