• ポイントキャンペーン

空へのぼる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062832243
  • NDC分類 K913

内容説明

ただ産んでもらったんじゃない。だれもが、自分の力をつかって生まれてきたんだ。姉・桐子の妊娠を通して、小5の乙葉が感じた“真実”が胸をうつ、ふたりの姉妹の物語。

著者紹介

八束澄子[ヤツカスミコ]
広島県因島生まれ。岡山県倉敷市で暮らす。児童文学作家。日本児童文学者協会会員。「季節風」「松ぼっくり」同人。『青春航路ふぇにっくす丸』(文溪堂)で日本児童文学者協会賞、『わたしの、好きな人』(講談社)で野間児童文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

わたしも、まわりのみんなも、だれもが自分の力をめいっぱいつかって生まれてきた。その事実が胸を打つ、ふたりの姉妹の物語。

いっそ、サイボーグだったらよかったのに。
小学五年生の乙葉は、木から落ちて骨折し、ボルトが埋めこまれた肩を、サイボーグみたいで案外気に入っている。サイボーグならば、傷ついたり、いらいらしたりしなくてすむから――。
乙葉は、線路脇の古家で、女ばかり――おばあちゃんと15歳年の離れた姉ちゃん・桐子、そしてメスねこのじゃらし――で暮らしている。
気の強い桐子は女庭師。巨木を切り倒す「空師」の軍二と付き合っている。
学校の「いのちの授業」に感動しながらも、自分の誕生にわだかまりを持つ乙葉と、予期せぬ妊娠に戸惑う桐子。
11年前、両親に棄てられたふたりは、それぞれにかかえる思いを、どう変化させていくのか。
わたしも、まわりのみんなも、だれもが自分の力をめいっぱいつかって生まれてきた――。
その事実が胸を打つ、ふたりの姉妹の物語。

【著者紹介】
八束 澄子(やつか・すみこ)
広島県因島市生まれ。岡山県倉敷市で、ネコ二匹、犬一匹と暮らす。
児童文学作家。日本児童文学者協会会員。「季節風」「松ぼっくり」同人。
『青春航路ふぇにっくす丸』(文溪堂)で日本児童文学者協会賞、『わたしの、好きな人』(講談社)で野間児童文芸賞受賞。その他の作品に、『海でみつけたこと』『おたまじゃくしの降る町で』(講談社)、『明日につづくリズム』(ポプラ社)、『てんせいくん』(新日本出版社)など。