講談社の翻訳絵本<br> あ、はるだね

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社の翻訳絵本
あ、はるだね

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24cm
  • 商品コード 9784062830867
  • NDC分類 E

内容説明

空に、大地に、はるがくるのを、じっと見ていたくなる絵本。

著者紹介

フォリアーノ,ジュリー[フォリアーノ,ジュリー] [Fogliano,Julie]
米国・ハドソンバレー在住の絵本作家

ステッド,エリン・E.[ステッド,エリンE.] [Stead,Erin E.]
絵本作家。1982年、米国・ミシガン州生まれ。デビュー作『エイモスさんがかぜをひくと』(光村教育図書)が2011年、コールデコット賞を受賞するなど、高い評価を得ている。精緻な鉛筆画とリノリウム印刷技術を使い、作品を描いている

金原瑞人[カネハラミズヒト]
1954年、岡山県生まれ。翻訳家、法政大学社会学部教授。ヤングアダルトを中心に精力的に海外文学を紹介しており、訳書は400点を超える。また、翻訳のほかに書評やエッセーなども幅広く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ある冬の日、一人の少年と彼の犬は、茶色の地面に種をまきます。土をじっと見つめて、芽が出るまで、じっと待ちます。春がくると……

2014年6月刊行の『クジラにあいたいときは』(原題:If you want to see a whale)に続く、コルデコット賞受賞作家エリン・E・ステッドとジュリー・フォリアーノによる絵本第二弾。

原題は"And then it's spring"で、アメリカで2012年に刊行。ワシントンポストやウォールストリートジャーナルで紹介され、数々のランキングやブックリストに登場。ベストセラーとなっています。

まだ雪が一面に残るある冬の日、一人の少年と、彼の犬は、雪が溶けて茶色の地面が顔を出したとき、種をまくことを決めました。
地面に穴を掘って、種を埋めると、じっくりじっくり待ちました。鳥が地面を掘り起こしませんように。雨が降りますようにと。1週間待って、さらに1週間。そして春が来ると……。

【著者紹介】
米国・ハドソンバレー在住の絵本作家。夫と二人の子供からインスピレーションを得ながら作品を書いている。作品は他に『クジラにあいたいときは』(絵/エリン・E.ステッド、訳/金原瑞人)がある。