講談社の翻訳絵本<br> ジャーニー―女の子とまほうのマーカー

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社の翻訳絵本
ジャーニー―女の子とまほうのマーカー

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 25X28cm
  • 商品コード 9784062830775
  • NDC分類 E

内容説明

そのマーカーは、彼女を大冒険へと導く、魔法の杖だった…。ようこそ、想像力の国へ。ニューヨーク各紙が絶賛した、ベストセラー文字なし絵本!

著者紹介

ベッカー,アーロン[ベッカー,アーロン] [Becker,Aaron]
イラストレーター・デザイナー。天文学の教師だった母親の影響を受け、宇宙の絵を描き始める。映画のデザイナーを経て、初めて発表した『ジャーニー―女の子とまほうのマーカー』は、刊行後すぐに、ニューヨークの子どもの本のベストセラー入りを果たした。現在は、妻、娘とともに、マサチューセッツ州アマースト在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ひとりぼっちの少女が、ふしぎな赤いペンで壁に描いた扉。 それは描いたことが全て現実になる世界への入り口だった。

ある少女が手にした不思議な赤いマーカー。そのマーカーこそ、少女をスリルと興奮に満ちた冒険に導いてくれる、魔法の杖だった。少女がそのマーカーで、部屋の壁にドアを描くと、本物のドアが現れた。さあ、めくるめく大冒険が待ち受ける旅、「ジャーニー」に出発しよう!
 本作は、アメリカのイラストレーター、アーロン・ベッカー氏が描いた、文字のない新作絵本です。内容は、シンプルそのもの。ある小さな女の子が手に入れた赤いマーカー。そのマーカーで魔法のドアを部屋の壁に描いた少女は、その先の不思議な世界へ一歩踏み出します。その世界では、スリルと興奮に満ちた冒険が、少女を待っていました。ボート、気球、魔法のじゅうたん……。訪れる危機を、持ち前の機転の良さと度胸で切り抜けていく少女を、最後に待っていたのは……!? 
 やわらかく繊細な色使い、しなやかな線で描かれた緻密な背景など、眺めているだけでも美しい本作。「デビュー作にして巨匠の仕事」(ニューヨークタイムズ)、「この本を読み終えた子どもたちは、きっとすぐに次の冒険を想像し始めることだろう」(スクール・ライブラリー・ジャーナルなど、ニューヨーク各紙で大絶賛のベストセラー、満を持しての刊行です。

【著者紹介】
ボルチモア生まれ。絵本作家。アポロの月着陸のニュースに胸をときめかせた子どもの頃の夢は、宇宙飛行士。この頃、母親に連れられて、天文台で天体観測をしたことが忘れられない思い出となる。長じては「宇宙の絵」を描くことに熱中。デザイナーとして働いたあと、絵本作家を志す。しかし果たせず世界を放浪する。その後、映画やテレビの世界でキャリアを積んだあと、子どもができたこともあり再び絵本作家に挑戦する。本作Jorneyは、その第一作目。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件