雨月物語

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

雨月物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 00時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062827690
  • NDC分類 K918

内容説明

士農工商の身分制度こそあったものの、生産力は増大し、人々も合理的な考え方を身につけ始めた時代だった。しかし、合理主義をおし進めれば進めるほど、人間にとって未知の世界に対しての探究心も強まり、現世の外にある闇の世界にひかれていくものでもある。上田秋成の『雨月物語』は、人の心の中の闇を、厳しく美しく描いた小説集である。怨霊と生者の対話を通して、人間の愛憎や執着、欲望や悔恨をあますところなく表現し、近世怪奇文学の最高峰といわれている。

著者紹介

佐藤さとる[サトウサトル]
1928年、横須賀市に生まれる。平塚武二に師事し、同人誌「豆の木」に参加。1959年に『だれも知らない小さな国』をはじめて出版し、毎日出版文化賞、日本児童文学者協会新人賞、アンデルセン国内賞を受賞。以後、日本における代表的なファンタジー作家として、常に第一線の活動を続けてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)