おとぎ草子・山椒太夫ほか

電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

おとぎ草子・山椒太夫ほか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062827669
  • NDC分類 K918

内容説明

『おとぎ草子』。「山椒太夫」に代表される『説経集』。どちらもが中世に成立した、庶民のための“語りの文学”である。おとぎ話も説経も、あくまでもわかりやすく作られ、当時の世相をよく伝えている。そして、その底にひそむ寓意性は、現代にもなお通じるところが多い。空想や教訓、信仰心をふんだんに盛りこみ、同じ下層の語り手によって生き生きとした言葉で表現されてきた物語は、混沌の時代の庶民たちを楽しませ、勇気づけたのである。

著者紹介

清水義範[シミズヨシノリ]
1947年、名古屋市に生まれる。愛知教育大学卒業。塾の教師、広告代理店に勤務の後、1981年、『昭和御前試合』でデビュー。著書に『国語入試問題必勝法』(吉川英治文学新人賞)など

ねじめ正一[ネジメショウイチ]
1948年、東京都に生まれる。青山学院大学中退。1980年、詩集『ふ』でH氏賞を受賞。阿佐ヶ谷で、ねじめ民芸品店を経営しながら作品を執筆する。著書に『高円寺純情商店街』(直木賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)