講談社+α文庫<br> あなたの人生が変わる対話術

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社+α文庫
あなたの人生が変わる対話術

  • 泉谷 閑示【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 講談社(2017/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(~8/31)
  • ポイント 14pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062817134
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「対話」こそ究極のコミュニケーションだ。「対話」とは相手の良さを引き出し、あなた自身を高めるもの。そのための30のヒント。コミュニケーションの神髄「対話」を知り、学ぶための30のヒント。

昔ながらの「話せばわかる」が成立しない時代。
職場でも、地域でも、いま大きな問題になっているのは、
背景、考え方、立場が違う「他者」と、どうやってコミュニケーションをとるかいうこと。

そこで必要となるのが本書で紹介する「対話」の技術。
対話とは、ひと言でいえば、「他者とコミュニケーションを取ること」に他ならない。

本書では30のヒントを通じて、対話を学ぶ。

はじめに
第1章 対話とは何か
第1講 話し合うだけでは「対話」にはならない
第2講 「うち」同士の会話は「同じ」探し
第3講 変わりたくない人に「対話」はできない
第4講 「対話」は、「討論」や井戸端会議とは違う
第5講 上下意識があっては「対話」はできない
第2章 対話の技法
第6講 「聞く」と「聴く」の違い
第7講 「分身の術」を使って聴く
第8講 「聴く」を遮断してしまう発言
第9講 たかをくくらない
第10講 「同意」できなくても「対話」はできる
第11講 「流れ」を壊さずに聴く
第12講 話の次元を上げる「対話」
第13講 内容がさまざまでも、語られるテーマは一つ
第14講 「頭」由来の言葉、「心」由来の言葉
第15講 言葉に込めているものは、人それぞれ
第16講 能のワキのように「聴く」
第17講 北風方式よりも太陽方式
第18講 相手の「経験」を先取りしない
第3章 思考法としての対話
第19講 自分自身との対話
第20講 「借り物の考え」と「自分の考え」
第21講 「対話」とは共同思考である
第22講 思考停止をうち破る「対話」
第4章 「ムラ的」コミュニケーションから「対話」へ
第23講 「空気」と「言葉」
第24講 主語のない日本語
第25講 あとで不満を言う人々
第26講 孤独を見ない関係
第27講 物事の受けとめ方
第28講 重みのない言葉
第29講 ハラスメントということ
第5章 対話するという生き方
第30講 「他者」と生きる
おわりに
参考文献
文庫版 あとがき


泉谷 閑示[イズミヤ カンジ]
著・文・その他

内容説明

私たちは日常、コミュニケーションを通じて生きているといっても過言ではない。家族、友人、恋人、仕事仲間、近所づきあい…。コミュニケーションによって人は喜びを感じ、だからこそコミュニケーションで悩む人も多い。どうすればより良いコミュニケーションができるのか。コミュニケーションの神髄である「対話」を掘り下げ、あなたの生き方まで変わるヒントを満載。

目次

第1章 対話とは何か(話し合うだけでは「対話」にはならない;「うち」同士の会話は「同じ」探し ほか)
第2章 対話の技法(「聞く」と「聴く」の違い;「分身の術」を使って聴く ほか)
第3章 思考法としての対話(自分自身との対話;「借り物の考え」と「自分の考え」 ほか)
第4章 「ムラ的」コミュニケーションから「対話」へ(「空気」と「言葉」;主語のない日本語 ほか)
第5章 対話するという生き方(「他者」と生きる)

著者等紹介

泉谷閑示[イズミヤカンジ]
精神科医。東北大学医学部卒。東京医科歯科大学医学部附属病院、(財)神経研究所附属晴和病院、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、1999年に渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院に留学。パリ日本人学校教育相談員もつとめた。現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック(東京・広尾)院長。大学や短大、専門学校等での講義も行ってきたほか、現在は一般向けの啓蒙活動として、さまざまなセミナーや講座を開催している。また、作曲家や演出家としての活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。