講談社文庫<br> 遠き落日〈下〉―渡辺淳一セレクション

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
遠き落日〈下〉―渡辺淳一セレクション

  • 渡辺 淳一【著】
  • 価格 ¥939(本体¥870)
  • 講談社(2013/12発売)
  • ゴールデンウィークポイント3倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年04月26日 20時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062776967
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日本では将来が望めない。無鉄砲に、単身渡米した野口英世。そんな彼に実力重視の米国は肌に合い、やがて新進気鋭の学者として世界中の注目を浴びる。日本への凱旋、老母との涙の再会。まさに立志伝中の人となるも、提唱した理論が揺らぎ、黄熱病の研究で再証明を試みるが―。野口の栄光と最期を描いた傑作伝記。

著者等紹介

渡辺淳一[ワタナベジュンイチ]
1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒。整形外科医ののち、『光と影』で直木賞を受賞。’80年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞を受賞。作品は、医学を題材としたものから、歴史、伝記的小説、男と女の本質に迫る恋愛小説と多彩で、医学的な人間認識をもとに華麗な現代ロマンを描く作家として、文壇の第一線で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

借金を重ねた。鼻つまみ者だった。だが、彼には熱情があった。狂おしいほどの反骨心が――。日本では将来が望めず、無鉄砲にも単身渡米した野口英世。そんな彼に実力重視の米国は肌に合い、やがて新進気鋭の学者として世界中の注目を浴びる。日本への凱旋、老母との涙の再会。まさに立志伝中の人となるも、提唱した理論が揺らぎ、黄熱病の研究で再証明を試みるが――。野口の栄光と最期を描いた傑作伝記。

第十一章 デンマーク
第十二章 ニューヨーク(1)
第十三章 ヨーロッパ
第十四章 帰国
第十五章 ニューヨーク(2)
第十六章 黄熱
第十七章 中南米
第十八章 ニューヨーク(3)
第十九章 アフリカ
終章  アグラに死す


渡辺 淳一[ワタナベ ジュンイチ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件