講談社文庫<br> 藤田嗣治「異邦人」の生涯

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
藤田嗣治「異邦人」の生涯

  • 近藤 史人【著】
  • 価格 ¥750(本体¥695)
  • 講談社(2006/01発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年03月24日 07時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 425p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062752923
  • NDC分類 723.1
  • Cコード C0195

内容説明

ピカソ、モディリアニ、マチス…世界中の画家が集まる一九二〇年代のパリ。その中心には日本人・藤田嗣治の姿があった。作品は喝采を浴び、時代の寵児となるフジタ。だが、日本での評価は異なっていた。世界と日本の間で、歴史の荒波の中で苦悩する巨匠の真実。第34回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

目次

第1章 修行時代(名門の子;東京美術学校 ほか)
第2章 パリの寵児(狂乱の時代;絶賛された裸婦像 ほか)
第3章 皇国の画家(数奇な運命の絵画;十七年ぶりの帰国 ほか)
第4章 さらば日本(GHQからの使者;不毛な論争 ほか)
第5章 「美の国」へ(ニューヨーク;寂寥のパリ ほか)

著者等紹介

近藤史人[コンドウフミト]
1956年愛媛県生まれ。1979年東京大学文学部独文科卒。同年NHKにディレクターとして入局。教養番組部、スペシャル番組部などを経て現在NHKエデュケーショナル統括部長。制作した主な番組は、NHKスペシャル「革命に消えた絵画―追跡ムソルグスキー『展覧会の絵』」(放送文化基金奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界で最も評価された日本人画家・藤田嗣治。だが日本美術界の反応は冷ややかだった。天才画家「フジタ」の悲劇が新資料で明らかに!世界中を熱狂させた日本人画家の真実!!

ピカソ、モディリアニ、マチス…世界中の画家が集まる1920年代のパリ。その中心には日本人・藤田嗣治の姿があった。作品は喝采を浴び、時代の寵児となるフジタ。だが、日本での評価は異なっていた。世界と日本の間で、歴史の荒波の中で苦悩する巨匠の真実。
第34回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

プロローグ──空白の自伝
第一章 修行時代
名門の子
東京美術学校
見知らぬパリ
貧乏仲間
キキ
デビュー前夜
ピカソが見ている!
第二章 パリの寵児
狂乱の時代
絶賛された裸婦像
華麗なる日々
フェルナンドとユキ
「軽薄な宣伝屋」
パリの日本人社会
「乳白色の肌」の秘密
第三章 皇国の画家
数奇な運命の絵画
十七年ぶりの帰国
彷徨
大壁画と「幻の映画」
「戦争を背負って歩く男」
ノモンハンへ
最高傑作
戦争画と芸術と
第四章 さらば日本
GHQからの使者
不毛な論争
「灰色の証言」
永遠の別れ
戦争画の


近藤 史人[コンドウ フミト]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件