講談社文庫
密室殺人大百科〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 809p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062738019
  • NDC分類 913.68

内容説明

密室殺人は、人間が不可能を可能にするための叡智の結晶なのである―。謎めく魔術や超自然的な力や不気味な存在を使わず、そんな殺人が成し遂げられるのだろうか。折原一、霧舎巧、二階堂黎人ら名立たる本格ミステリー作家たちが腕を競い合う短編に、古典の名作も収録。「密室」の面白さを凝縮して一挙放出。

著者紹介

二階堂黎人[ニカイドウレイト]
1959年、東京都生まれ。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』(講談社文庫)が佳作入選。1992年『地獄の奇術師』(講談社文庫)を書き下ろし単行本として上梓し、一躍注目される